안녕하세요?


1月27日に受けた英検準1級の作文問題で
豪快に0点をとってしまったところから再挑戦する上で

DSC_0016 (2)


次回対策の手始めとして、協会発表の模範解答を精査することにしました
講師が受けた回に続き、手持ちの過去問題集には収録されていない
英検準1級過去問
2018年度第1回,第2回の模範解答を見てみました

問いは、日本は歴史的遺産をより保護するべきかについてで、

●Cost      ●Development
●Education  ●Tourism

の中から2つ以上を文中に入れることが条件付けられています

TOPIK作文ではまだこのテーマで問われたことがありません
いずれ採り上げられてもいいでしょうね

なので、当講座のオリジナル問題として作りました


 It is essential for Japan to better preserve its many historic sites in order to educate its citizens about the past and increase tourism
 (市民への歴史教育と観光業振興のために、日本が多くの歴史的遺産を一層保護することは欠かせない)


第3回に続き、賛成意見で文がはじまっています
仮主語構文も当たり前のように書きなさいよと

この構文は講師的に、この動画で聞こえてくる文句と似ているので
なんか親近感を持てます


 What's wrong with the world of professional wrestling is for Vince McMahon to instruct the referee to ring the bell in order to rob Bret Hart of his title.
 (プロレス界で間違っていることはまだある。ビンス・マクマホンがブレット・ハートのベルトを取り上げるために、レフェリーに指示してゴングを鳴らしたことだ)

プロレスの動画が英検作文にも活かせるとは意外ですが
英語の世界では当たり前であろう中で韓国語界にどっぷり浸ってしまっている講師が、
さっと文章化するのはハードルが高いです


ところで、第3回と同様に、この模範解答文でも、
テーマ中の問いに対していきなり答えています
一方で、手持ちの作文教材ではその構成が執られていなくて
英検準1級作文
問いに答える前に、その前振り文を設けるよう指導されています

TOPIK作文的には後者を支持したいところでそれにはきちんとした理由がありますが、
たった1段落だけを検討しているのに長くなってしまいました
続きは次の記事で


TOPIK(韓国語能力試験)作文入門講座
通信添削}
全回受講<ゼロからの方向け>全6回:24,000円(税込)
一部受講<本試験受験ご経験ありの方向け>:全3回:12,000円(税込)

{生講座}
四日市校:第1,第3,第5金曜日 19時~21時
名古屋金山本校・オンライン:第1,第3,第5日曜日 14時~16時

1回:2,240円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中

DzlLWBnU0AArJQ2