四日市・オンライン・桑名・名古屋金山韓国語教室 ハングル語学堂四日市校 ブログ(駐車場・無料Wi-Fiあります)

駐車場・無料Wi-Fiあります/三重県四日市市・名古屋市金山(両教室共、生講座・オンライン{スマホ・PC・タブレットを通じての学習活動}で開講),桑名市で開講中の韓国語教室です。 桑名市立教まちづくり拠点施設/精義まちづくり拠点施設 『チェミッタ韓国語』 『韓国語入門』 講師自作問題・解説と添削により、オンラインでのサポートも加えての、 『ハングル検定<3級,準2級,2級,2級語彙,1級>/TOPIK(韓国語能力試験)<Ⅱ総合入門,総合実践,作文入門,作文実践,作文確認添削>対策通信講座[全10コース{データ版/郵送版}]』 『「韓作(カンサク)」-韓作文が面白いほど書ける講座<初級編/中級編>- 通信添削{データ版/郵送版}]・オンライン』 『韓国語テキスト完璧マスターコース<書き込み式韓国語BOOK・通信添削{郵送版/データ版}・オンライン>』 を全国の皆さまに開講しています。各特別企画,リクエスト講座でオンライン学習活動もおこなっております。

タグ:#ハンガンネット

5
안녕하세요?


マスク着用が、ここ日本に限っては今や、
新型コロナウイルス感染予防の観点を飛び越え、習慣化されつつある中、
講師としては、そして個人的にも歓迎しています。

それは、

'イケメン講師' '美人講師'に対するビジュアルのハンディが無くなり、
見た目の優劣が関係無くなるから

です。

オンラインでは確かに、マスクを着けてやり取りするのが稀有ではあるものの、
画面上では、'イケメン' '美人' が持つアドバンテージが、
それほど有効でないはずです。

外見面で平等化されて、不細工でも気が引くなんて思う必要が無く、
正直ほっとしている今日この頃です。

いつどこででもマスクを着けていることに違和感が無くなり、
いっそのことマスク着用が、外出する時に下着を履くのと同じ次元にまでなれば、
本当の意味でそして学習活動の中身が一方で問われる、
これまた新しい局面に差し掛かって来るんでしょうね。

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


5月24日(日)に、オンラインで参加した
ハンガンネットのお茶会について世話人の先生から、

お茶会という場であっても、発言者一人当たりの時間が長すぎで、
時間をきちんと精査して、一人当たりの制限時間を設けて
進行の時間目安を作るべきだったという指摘がありました
EYxobvUU8AAJgAZ
これって、構成をある程度前もって決めていてもよくあるし、
ましてや、自己紹介や質問をはじめとした、
参加者一人一人の発話なんかでは余計にそうですよね
特に質問は、その場で考えながら話すからです
ただでさえ、対面であっても、

「さっきの話に不足部分があるので付け足したい」

「今話したことに、より説得力を持たせたい」

「自分をアピールして知ってほしい」

「私はあなたと違ってこんなことを思い付いたり考えたりしている」


などの心理が働いて、話を冗長にしてしまう傾向にあります
それらはいわば、

事前の用意が利かない瞬間作文

だからです
講師もかつては、これらのことから失敗したことがあります

そしてオンラインでは場の空気までを共有できていなくて
そのすき間を言葉で埋めようとして、話がより長くなる気がしています

オンライン学習活動をよりよくするためのことを発見できたし
今までの体験プラス、その場にいる皆さんの前で、
あることを話す時に留意すべき点を再確認できました


現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています


お問い合わせ

お電話 : 090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0005 (4)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


日本人が語学に触れると、ほぼ、

完璧主義

に従って、発音も語法も文法も全て揃ってはじめて話そうとしたり、
それでないと書けないことが多い気がします。

これは、講師も日本人なので、人のことをいえないのを承知で、
「言うは易く行うは難し」を十分自覚した上で、

'こうでなければならない'ではなく、'こうでいいけどこういうのもある'

を、生徒さんと共有したいと思いながら、'ペラペ~ラ'へのお手伝いをしています。

'こうでなければならない' は、特に発音で語られることが多いですが、
イントネーションで定められた抑揚通りに発音しなければならないとか、
日本語ネイティブが本来苦手としているパッチム(語末子音)の発音を、
実際のやり方から、それこそ寸分の狂い無く練習しなければならず、
そうでなければ、あなたには韓国語を話す資格すら無いといわんばかりで、
それは半ば脅迫的にも感じられて、実際にそれが実現できないと、
話すことを放棄してしまうという、実にもったいないことを引き起こしかねません。

それに対して、'こうでいいけどこういうのもある' は、
'こうでなければならない' の世界で語られる、一種の理想論がありはするけど、
それにとらわれて、わざわざ自分でハードルを上げることなく、
何のためにこれをやっているのかという、言語を学び身に付ける根源的目標である、

まずは通じるようにすること(その程度は後回し)

に着目し、最低限のことを身に付けてしまうことに注力しようというものです。
その方が、日本人であっても、まずは実際に使ってみようと、
前向きなれるはずと信じています。

別の例では、ハングルの書き順なんかもそうですが、
一部にはどうも、'こうでなければならない' だけを前面に掲げながら、
韓国語が難しい言語であるようにしておきたい勢力がいるようです。

'こうでなければならない' だけを掲げれば、
そうすれば、これも結局金儲けにつながるからです。
それに、指導する側にとっては、これはつまり基準が一つなので、
教えるにおいて楽で都合がいいからです。

'こうでなければならない' は常に必要なのではなく、時に要るだけであって、
客観的にどう見ても、日本語ネイティブにとっての韓国語は、
英語をはじめとした他言語に比べれば、

まずは通じるようにする

までにそれほど時間と労力は必要ありませんし、
早く使えるようになりたいわけですから、
発音から語法・文法まで、'こうでいいけどこういうのもある' をメインに、
'こうでなければならない' はいざということの補足的存在に置いておいて、
とっととペラペ~ラになりたいものです。

"とっととペラペ~ラになりましょう"

講師はいつも生徒さんにこう声掛けしています。

それにしても、英会話・英作文はいつできるようになるやら…


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


普段生徒さんに、『暗記すること』をどれくらいお話しし、
どれくらいの強度でそれを促してらっしゃるでしょうか。

言語を問わず、

語学力 = 語彙力

という現実がある中で、
最近、講師の立場になってから単語暗記を詰めてやっています。
DSC_0013 (7)
ただの韓国語学習者だった時でさえ、単語を務めて暗記することをしなかったので、
いざ単語を暗記するという、語学の根本中の根本を 'ガチで' 取り組むと、
講師がそれまで気付けなかったことを感じました。

とはいえ、学生特に受験生でもあるまいし、
詰めて単語を覚えることに、なかなかやる気が起こらないものです。
講師も、試験合格そして言語をもう一つ使える次元にするという、
明確な目標があるからこそ、そんな単調で、
ぶっちゃけ面白くない作業を、ずっと続けられているのであって、
ほとんどの方が趣味・楽しみ(それこそ遊び)で学んでらっしゃる中では、
あえて言いきってしまえば、いざやり始めても、三日坊主コースでしょう。

ましてや、語句が整然と並んだ単語帳の類いまで使ってる方は、
DSC_0001 (4)
韓国語の世界でかなり少数派と認識しています。

それでも、

語学力 = 語彙力

という現実はあり、特に韓国語の場合は、
自分達日本語ネイティブにとって、日韓両語のアナロジーから、
単語さえ知っていれば、何とかやり取りできる可能性が他言語より高いので、
余計に語彙力が重要であると、講師は解釈しています。

講師が実践しているのは、

今使っているテキストの内容を完璧に覚える

のを目指し、学習活動中に一定の時間を取ってしまうのを承知で、
毎回、テキストで指定された範囲内の語句を問う小テストを、
教室・オンライン問わずおこなっています。

その小テストは、[書くこと] [話すこと]両方が用意され、
講師はできたモノとできなかったモノをチェックし、
できなかったモノは、できるようになるまで再出題されます。

小テストなんて学校じゃあるまいしと、はじめは考えたりしましたが、
生徒さん皆さまは、学習/勉強の前段階であり、
今さらながらに思える暗記を、かなり強く意識するようになられます。

ちなみに、

暗記は勉強ではない

これは心得ています。

勉強とは、暗記したモノを自分の頭で考え組み立てて、
別のモノや新しいモノを生み出す方法を知り練習することだからです。


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


"間違ってもいいからとにかく話そう"

他言語をできるようになるにおいて、これはすごく大事なことだし、
講師もよく、このフレーズを使っています。

とはいえ、これこそ<言うは易く行うは難し>の典型で、
私達日本人の国民性と、1つの正解のみを追い求める日本の教育が、
そうさせているように思えます。
その環境に合わせるように、学び場や各教材は、学ぶ側の方に、
発音から語法,文法などに至るまで、正確な言語使用を求めます。

これは韓国語に限らずそうだと思いますが、
韓国語の場合は、日本語ネイティブにとって、文法をほとんど学ばなくていいので、
発音面で、主にそれを求める傾向にあります。

「ネイティブのように発音する」

ここ最近は、流行からすっかり定着する勢いで、

「イントネーションも徹頭徹尾ネイティブ式に合わせて」

と、それらは特に、それらが実現できなかったり、
ある程度できているとしても、ほんの少しでもずれたら通じないと、
いわゆる強迫観念を植え付けて来んばかりに繰り返し言われます。

講師はこれらを通じ、結局こうやって『正確さ』を強調することで業界が潤う、
つまり、

金が生まれる

からと、いつも解釈しています。
そう強調しておけば、というか、学ぶ側の方にそう思わせれば、
教材をあれこれ買ってくれるし、当校のような学び場を利用してくれるからです。

では、講師はどうしてるかというと、
自分は講師なので、『正確さ』の追求はもちろんします。
と同時に、それは言語使用をより良くする方法の1つに過ぎず、
時に『正確さ』を無視して、話したり書いたりすることも同時に追求しています。

この'時に'というのを重要な点としていますが、これは、
何より大切なのが、

その言語で自身を表現し、より良く意思疎通できるようになること

だからです。

『正確さ』を追求し、発音も語法,文法もネイティブみたいになった方には、

「それはどうもごくろうさんでした」

のひと言くらいかけてあげるとして、
相手の韓国人が、例えば 알았어요 や 그렇군요 などとリアクションしてくれるように、
話したり書いたりできるようにするのを至上の目的として、
これからも学ぶ側の方に、それを実現する練習の場をご提供していきたいです。

その代価として、お金をいただければ、これまた至上の光栄です。

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


「アクティブラーニング」について、この専門用語が使われる頻度は別にして、
その中身は、今や普遍の学び方(習い方)になりました。

そんな中、例えば学習活動で講師から、

「この単語の意味は何でしたっけ?」

と振られると、

「そんな単語習ったっけ?」

とおっしゃる方が結構おられます。

これは意外に、学校でアクティブラーニングに比較的普通に触れているはずの、
いわゆる若い方でもそうであったりして、驚かされます。

この言葉には、学校を起源とした、授業や学習活動がいまだ'昭和的'で、
たとえれば、かなり加齢臭がした概念がしつこく横たわっているのを象徴していると、
講師は常日頃感じています。

その'昭和的'な授業や学習活動とは、「アクティブラーニング」の逆で、
いわば、

先生のいうことを聞いて従いながら習う形式

です。
それが、単語といった単発の知識であっても、
それらは手持ちの教材に書いてあったり、スマホで調べればすぐ分かるのに、
学ぶ側の方には、

誰かに教えてもらうものだ

という固定観念が、根強く残っていることを証明しています。

習うこととは本来、それら単発の知識を複数組み合わせて、
新しいモノを創造する方法を、先生/講師から教わるのをいいます。

知識や技能の習得は決して、
錦鯉が口を開けてエサを待つようにしてさえいれば手に入るものではないし、
単発の知識という、例えば手持ちの教材に書いてあることや、
調べればすぐ分かることは、学ぶ側自ら手にする、そんな学びの概念は、
「アクティブラーニング」という、学ぶ側が主体的に学び練習することが、
真に定着した時に普遍化する気がしています。

講師としては、そういう面も全面的に担わなければならないと、
ヘンに力んでしまうことが結構ありますが、講師の真の役割は、

〇知っておくといい知識の範疇だけを学ぶ側の方に指し示す
 知識を一から十まで全て自ら伝えようとしない

〇知識を組み合わせて新しいモノを作る方法を教え、
 学ぶ側の方がそれらを反復練習できる環境作りとサポートに努める

〇その練習過程で、学ぶ側の方がそれをより良くできるよう、
 伝わる言葉と動作でアドバイスする


と考えながら、日々学習活動をやっています。

ちなみにこの、

(全ての面で)誰かに教えてもらうものだ

という固定観念は、日本人ならではなのかもしれません。

つまり、お上のいうことに従おうとする文化や習慣が反映していて、
昨今の新型コロナ禍についても、感染防止とCOVID-19の鎮静化は結局、
個々人の心がけと行動が要件ななずなのに、
「政府は何もやっていないからこうなるんだ」と、
人任せ的なことを言ってしまうのにも、重なるような気がしています。

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


最近、タイトルに上げた、ここ数年の韓国語教材売上ランキングを拝見しました。

当校では、はじめの体験で、学習経験がおありの場合、
それまで使ってこられた教材を持って来ていただいていますが、
そこでよく見る教材が、ことごとくランクインしています。

そしてやはりというか、全てのランキングであの「でき韓」が1位を獲っています。
でき韓
IMGP7127
以前当校でも使っていました。
理由は、他の物に比べて安いからです

講師が知る限り、ここ四日市市内の韓国語教室/講座でもたくさん採用されているし、
当校の生徒さんの中にも、学習活動と並行して使われている方もいます。

他にも、人気の理由を訊いてみると、テキストだけでなくワークブックや単語帳、
音声ダウンロード(再生速度を指定できる)、文法説明の動画、本文の日訳と、
何でも揃っていて、かゆい所に手が届くほどだそうです。

ただ、講師が使っていた当時、一応これに則って学習活動をやりはしていても、
どうしても違和感があり、それが日に日に増してきて、
2013年の8月に仙台で参加した、韓国語教師研修でガッツリ学んだを機に、
仙台研修
一念発起して、オリジナルテキストを作るに至りました。
入門編(韓国語会話はじめます)初級編(チンチャ韓国語会話)
それぞれ全20課の構成で(入門編では別途文字発音編と挨拶/相づち表現編を追加)、
誌面の限界が無い中で、

自分が本当にやりたかったこと

を、ひとまずは余すところなく実現させました。

出来上がった様は正直なところ、『アンチ・でき韓』です
内容・構成全てで、でき韓だと疑問や不満に思うところを全て解決させました。

普段は生徒さんに、それをPDFファイルでお届けしています。
なので、一旦作れば元手はほぼゼロで、在庫を抱えることがありません。


講師にとっては、教材を出せることのセレブ感を見れはしますし、
ましてや、そうやって売り上げが上位に入れば、影響力も絶大です。
それでも講師なら、はじめはそれらを使いながらも、
「私はこうやりたい」とか、「こんなことをこう教えたい」といった、
いわゆるイデオロギーが、多かれ少なかれあるのではと思うので、
その影響力は関係無く、教材を自分で作っちゃえばいいのに、と思っています。

学び場の差別化が重要視される今、その方は十人十色大江千里な中で、
既成の教材を使うのは、

他人の家の台所で料理をするようなもの

です。

講師個人は、ランキング上位に位置する各教材を見て、

自分だったらこう学びたいしこう学んでほしい

というを、今あらためて出していきたいです。

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


第69回TOPIKを受験予定やった5月24日(日)に、オンラインで
ハンガンネットのセミナー(お茶会)に参加しました
EYxobvUU8AAJgAZ
その中で、教室学習活動そしてオンライン学習活動
それぞれでの受講料設定について提議されました

まず、当校では教室もオンラインも同じ価格設定にしています
形式が違うだけで、生徒さん・講師共に、やる事が基本的に同じだからです
そんな中で、通例ではオンラインの方が安く設定されてるんですってね

そんな中、今回のオンラインお茶会で司会を担当されていた、
HANAのとんそく子さんこと、浅見綾子氏が、
浅見綾子氏
私は同じで構わないと思っていて
それはオンライン学習活動の方が事前準備が大変だからとおっしゃいました

確かにそうではあるんです
今回も先生方が、準備の大変さについて、いろんな例をお話しくださいました
特に、大学で大人数の学生相手にされている先生は大変なようです

それはともかく、オンライン学習活動は
学ぶ方にとって、習う機会を飛躍的に増やしました
その機会を、ぜひ当校で使ってくださればと思います


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0003







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


第69回TOPIKを受験予定やった5月24日(日)に、オンラインで
ハンガンネットのセミナー(お茶会)に参加しました
EYxobvUU8AAJgAZ
はじめの世話人先生方基調講演の中で、伊藤先生のお題が興味深かったです
IMGP8022
タイトルにある通り、

『万年初級段階で意欲を高める方法』

をご提示されました

いろんなお話をしてくださった中で、それらを講師なりに要約すると

〇会話・作文などで発信する機会を増やす

〇今まで頑張って身に付けたことでこんなのもできるんだと
 実感できる練習をする


この2点を強調されていた、と講師なりに解釈しています
伊藤先生が意図されていたところとずれてるかもしれませんが

俗にいう初級という、ある程度の知識を積み重ねてきたのだから、
そのペースをちょっと緩めて、発信の方に比重を置こうというものです
これは講師も賛成ですね
講師にとっては英検学習がそうですが
やはり発信機会が無いと知識が定着しないし知識があっても宝の持ち腐れです

インプットとアウトプットなんていいますが、
学習段階その都度に、これらの比重を調節するとエエなと、
伊藤先生の講演から気づけました


それにしても、当日もおられた長谷川由起子教授、
お変わりないですねぇ
2017年の朝鮮語教育学会でもお目にかかれましたが、
何をもってそうでらっしゃるのか、性別は違えどお訊きしたいです


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0006




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

안녕하세요?


第69回TOPIKを受験予定やった5月24日(日)に、オンラインで
ハンガンネットのセミナー(お茶会)に参加しました
EYxobvUU8AAJgAZ
オンラインがメインテーマということでかなり楽しみにしてました

司会の阪堂千津子先生をはじめ、お久しぶりぶりの先生方もおられ、
まず講師個人は、ほんの少しでも、
千津子先生と約1年ぶりにしゃべれたのが嬉しかった中
ヤバいくらいのおトクなお話と情報量が飛び交ってました
それらをメモった紙面は真っ黒です

こういう会に参加していいといつも思うのは、

 <業界の上流階級の方々や、その時の『最先端』に触れられること>

LINEの活用法一つとっても
講師の想像をはるかに超えるネタがバンバン提示されまし

途中で一時ネット回線が切れちゃったものの
延長戦も含めて、最後の最後までいました



新型コロナ禍で、世の中が根本から変わっていってる中、
この業界もご多分に漏れずです
その時流を掴み乗っかるためのことに、たっくさん触れられました

この後も、いろいろ書いていきます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
2017060816435047968_2


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


学びたい気持ちがあっても、その環境に無くてできていないのって、
今の講師のように結構あるのではないでしょうか。

富ちゃん本


ここ最近やと、7月末の大阪韓国文化院・講師研修と、
8月に東京で開かれた韓国語正書法に関するシンポジウムです

11月に、先のシンポジウムと同じく東京韓国文化院で開かれる、
日本韓国語教育学会まで行けないとなると…


何で行けないのか、講師にもよく分かりません…
身勝手な話、「学ばせてくれ!!」と叫んでるくらいです…


第66回TOPIK700字作文直前確認セミナー
[事前に書いた解答文+セミナー当日書く解答文を通じて学びます]


四日市校

9月21日(土) 15時~17時

9月28日(土) 15時~17時

名古屋金山本校<オンライン受講ができます>

9月22日(日) 14時~16時

9月29日(日) 11時~13時


受講料:6,480円(税込/作文2回<未公開過去問>添削付き)

こちらのカレンダーもご参照ください


お問い合わせ


お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中

勉強は平等
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ