四日市・オンライン・桑名・名古屋金山韓国語教室 ハングル語学堂四日市校 ブログ(駐車場・無料Wi-Fiあります)

駐車場・無料Wi-Fiあります/三重県四日市市・名古屋市金山(両教室共、生講座・オンライン{スマホ・PC・タブレットを通じての学習活動}で開講),桑名市で開講中の韓国語教室です。 桑名市立教まちづくり拠点施設/精義まちづくり拠点施設 『チェミッタ韓国語』 『韓国語入門』 講師自作問題・解説と添削により、オンラインでのサポートも加えての、 『ハングル検定<3級,準2級,2級,2級語彙,1級>/TOPIK(韓国語能力試験)<Ⅱ総合入門,総合実践,作文入門,作文実践,作文確認添削>対策通信講座[全10コース{データ版/郵送版}]』 『「韓作(カンサク)」-韓作文が面白いほど書ける講座<初級編/中級編>- 通信添削{データ版/郵送版}]・オンライン』 『韓国語テキスト完璧マスターコース<書き込み式韓国語BOOK・通信添削{郵送版/データ版}・オンライン>』 を全国の皆さまに開講しています。各特別企画,リクエスト講座でオンライン学習活動もおこなっております。

カテゴリ:英検準1級対策 > 英検準1級長文即解法(ご意見をください)

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0001 (7)
前回の続きです

Stephan Getzin's findings suggest that

第2段落で、(32)と同じく、
問い中の特定の人を探すことから始めます

とはいえ、それはいきなり出てきて、
先に確認してしまえば、ここでの解法は過去問集の解説通りです

After studying these circles,Stephan Getzin's ruled out insects as a cause,there was no evidence that the location of the few existing nests was relate to the circle distribution pattern.
  ||
3 termites do not cause fairy circles since the circles can form in areas where the insects are not present in significant numbers.


結局、rule out (排除する,あり得ないとする)の語句知識を訊かれています
こんなふうに、読解以前の語彙問題的な問題が、英検にもあるんですね
こういうのは、ハン検的です

語句をどんどん覚えていくために、10回音読も引き続きやってます



全7回:35,000円(税込)
各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総238ページ(B5サイズ相当)〕

第3回 リスニング問題

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
d63c6b3d866693938f36c4389534222c_600

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました

DSC_0003 (4)

今回からは、2017年度・第1回の問題を見ていきます
はじめに32~34の32で、先に問いをチェックします

What does Nobert Juergen believe is true of termites

問い中の特定の人事物を表す名詞をチェックしておくのが定番な中、
termites について、科学者が何か信じていることがあるらしいと、
思いながら読んでいきます

講師は、termites が何かを知らない中、
どうせ詳しく説明してくれるやろうと期待していたら、
実際に第3文でそうしてくれていますが、
速読即解を目指すなら、そこは無視しても解けるようにはなりたいです

で、ここでは第1段落中で人名(Nobert Juergen)をさっと探し、
すると2ヶ所あり、さらに、それらを含んだ文のうち、2つ目に注目したいです
そこには says があるからで、問い中の believe と、
同じような語といえます(講師は「言説系動詞」とよんでいます)

Juergen says the termites are actually altering their environment to create a moisture supply that helps them survive the region's dry season.  
 ||
2 They create fairy circles as a way to ensure that they have a source of water when there is little rainfall
 

実際にこうやって、正答根拠が分かりやすく提示されています
問題は、本試験でもこれを当たり前にできるようになるまでの訓練が必要なのと、
さらにはそれを実現させる、強力な語彙力です

もっともっと読まなければなりません
そして、読んだら読んだで、10回音読もやっておくべきです

この記事を書いている時点で講師は4回落ちてます
もう、全てを英検に捧げるくらいじゃないと合格できないでしょうね



全7回:35,000円(税込)
各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総238ページ(B5サイズ相当)〕

第3回 リスニング問題

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0009







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0001
先の記事に続き2017年度・第2回38~41の41です

What does the author of the passage say about the gravesite

問い自体はもや~としてても正答根拠はどうせ第4段落で出てくるので
そこを検討すると結構長い段落文の中で、やはり however で目が留まります

ただここでは、however の直前に(カンマ)があるので、
その前部も含めて検討する必要がありそうです

Most of the burials occerred at least 200 years after the Philistines first arrived in the area,however so the likehood of cultural and genetic exchange with other peoples means the skeletons may not provide definite answers regarding their origins.     
 ||
4 The time that passed between the Philistines' arraival and the burials makes the remain less useful for determing the Philistines' origins. 


正答根拠中の means にも注目したいですね

これだけ言い換えられているのをきちんと把握して、
正答選択肢を選ぶというのは、講師的にかなりキツいです

この回に限らず、最後の長文問題は、
精読と速読を同時に磨いていかなければなりません




各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

『TOPIK文法 -必ず出る表現を知って瞬間解答!-』
〔これで出題される表現が全て分かります〕

第2回 読解問題
『TOPIKⅡキーワード読解』
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総184ページ(B5サイズ相当)〕

(第3回 リスニング問題)開講予定

『TOPIKリスニング -耳の語彙力と言葉の仕組みを身に付けながら聞き取る-』
第4回 主観式穴埋め問題

『主観式穴埋め問題 -TOPIKⅡ入門からテクニックで解答-』
第5回 300字作文問題

『300字作文問題は ‘文法問題’ として解く』
第6回 700字作文問題
『TOPIK700字作文 -知の現場へ-』
第7回 再解答編

『再解答編 -完璧にできるようになるまで繰り返し解く-』


お問い合わせ


お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
pac_aaa

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0014 (3)
2017年度・第2回38~41の40について、
ここで書いたことにもう少しツッコんでおきます

40の正答根拠について、過去問集では
段落最終文の also 以降まで検討して解答するようにと指示されてますが
実際のところは、先の記事の通りThis で始まる文で解決できます

This certainly does not match the traditional impression of the Philistines as a people who constantly engaged in conflict
  ||
1 The human remains there indicate the Philistines were far less aggressive than their reputation has suggested. 


まあ、結局はこれらの言い換えでも語彙力を訊かれてはいますが…




各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総184ページ(B5サイズ相当)〕

(第3回 リスニング問題)開講予定

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0003

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0008
先の記事に続き2017年度・第2回38~41の40です

How has the recently discovered gravesite changed researcher's thinking about the Philistines?

問い中の gravesite を第3段落を探そうというのが
解答順序のはじめですね

出てくるのは、

~ the 2016 discovery of a gravesite outside the former Philistine city of Ashkelen that holds about 200 intact human skeletons. 

講師が思うにこうやって問い中のキーワードが出てきたら
しばらくは、どうせそれについての詳しい説明が綴られるんやから
さっと読んでしまって、さらなるキーワードである researcher の登場を待つ、
という読解を手に入れたいと思ってますがいかがでしょうか

そして、その researcher にあたる人名が出てきます
その人ということや考えること、ということで、文中の says に注目ですね
これが問い中の thinking と重なります

さらに、指示語 this に注目しresearcher こと Sherry Fox  が、
gravesite について述べることを読み取ろうという順序です

やはり、正答根拠が段落中で出てくる箇所って、ほぼ決まってますね
過去問をもう少し見て確認したいところです




各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総184ページ(B5サイズ相当)〕

(第3回 リスニング問題)開講予定

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0002



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
2020年度第1回結果2
先の記事に続き2017年度・第2回38~41の39です


はじめは、この問いに触れるつもりはありませんでした
というのも、正答根拠が過去問解説の通りだからです

問いは、

What is one thing that is about the Philistines

と、単純な説明内容を訊いてるので、段落を隅から隅まで吟味する必要がありそうやと、
ちょっと緊張してしまいます

正答根拠箇所はやはり、however がある、段落最終文です

Eventually,however they suffered a series of military defeats and were gradually absorbed into the cultures of other peoples in the region
 ||
3 Thier culture eventually merged with those of other groups that lived in the Middle East. 


merge が(併合する,合併する) という意味で、
これが準1級レベルの単語なら、おなじみの選択肢の作り方で、
こういう語が含まれている選択肢が正答というのがよくあります

とにかく結局、各段落で正答根拠が出てくるのは、
ごく一部を除いて最終文なんですね
問題文全てを読ませようとする、出題者の意図からすれば、
分からなくもないですが…




各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総184ページ(B5サイズ相当)〕

(第3回 リスニング問題)開講予定

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0021 (3)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0001
2017年度・第2回38~41の38です
この問題文で「ペリシテ人」というのを初めて知った次第です

What does the passage suggest about the Torah and the Old Testament?  

もちろんというか、
the Torah the Old Testament を知らなくても、
解答には無関係ですよね

で、これらを探しながら読んでいくとすぐ出てきますが
その前から、具体説明を必要とする、つまり「なんで?」と思わせる記述があります

 History,it is often said,is written by the winners ― a saying that suggests bias in historical record. 

で、この後に先の2語が出てきて、

The Torah and the Old Testament of the bible,religious texts that{      },are good example

いわゆる、冒頭の、

歴史は勝者によって書かれるもので、それにはバイアスがかかるものだ」

そのいい例が先の2語だというなら、もう正答根拠が出た気がします

で、選択肢を検討すると、やはり出てきます

2  They may give modern people an inaccurate image of what Philistine civilization was like. 

inaccurate で語彙の知識を訊かれてはいますが、
読み始めて間もない箇所で解答できます

過去問集では、もっと後の部分、
つまり good example を説明している箇所を正答根拠としてますが
講師はこう解きたいと思います

とにかく、こうやって、

「なんで?」と思える/思いたくなる記述

の部分に注目して正答根拠を特定できるようにしたいです




各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総184ページ(B5サイズ相当)〕

(第3回 リスニング問題)開講予定

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中

KC3B6ln-Tora-und-Innenansicht-Synagoge-Glockengasse-040

81gc3IFJMrL








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0003 (2)済
先の記事に続き2017年度・第2回35~37の37です

According to the author of the passage,the best of action for dealing with La Nahuaterique would be to

先に、ここでの出題傾向を踏まえてしまえば、
この the best of action のように抽象的な語句が、
そのまま問題文中に出てくることはありません

その中身とは何なのかという、具体内容が出てきます
ということは、問い中の語句と問題文中の語句を直接結べないので
キツいんですよねぇ


それはさておき、3つ目の問いですから、第3段落をを読んでいくと,
冒頭に、

Attempts to integrate the village ~~~ under discussion

とあります
余談で、この integrate の意味をなぜかなかなか覚えられないですよねぇ…
資生堂の化粧品にあるのに
ec9a7637b562b2cc3276aa662410ff73
ということは、この under discussion の中身が何なのかと、
後続するはずです

そう思いながら読み進めると、第3段落末尾にこう出てきます

The answertherefore would seem to be making La Nahuaterique an official independent region with its own elected politicians in Honduras's National Congress.

冒頭にこうやって掲げてくれてるのが分かりやすいです
ここから正答根拠箇所ですよ」って感じで、です

まあ、つまりはきちんと公的に認められた地域にするのが、
the best of action だと分かります
これと、

2  allow citizens to vote and represent themselves independently of existing political region

が合うと、なんとな~くでも見えればよいよねと

時に、藁をもすがる思いで正答根拠箇所(っぽい)のを探してしまいそうですが
やっぱ早く解かないと後のライティングにじっくり取り組めませんしね…




各回1回のみの受講:5,000円(税込)
<第7回を除く>


第1回 文法問題

〔これで出題される表現が全て分かります〕
第2回 読解問題
全103問・解説{プレ講義+解説}は 総184ページ(B5サイズ相当)〕

(第3回 リスニング問題)開講予定

第4回 主観式穴埋め問題

第5回 300字作文問題
第6回 700字作文問題
第7回 再解答編


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
1605518784638

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0004 (2)
先の記事に続き2017年度・第2回35~37の36です

Why are people who live in La Nahuaterique unhappy about their situation?

この問いで特徴的な語は unhappy です
つまり、35でも出てきた人々が何かマイナス的状況に置かれているということで、
第2段落を読むと、初っ端で complain が出てきます
同じくマイナス的なので、要チェックです

これを含んだ文が、こう書いてあります

~,residents complain of feeling isolated and forgetten by the Houduran state. 

結果論的に見てしまうと、これと正答これらの部分で結べます

4 The village's status in the national political structure has left them with a lack of support the government

段落冒頭文で解答できるのはおトクです
過去問集ではこれプラス、具体説明に属する後続文で正答根拠としていますが、
具体説明はしょせん具体説明で、先の文が十二分に、
people who live in La Nahuaterique の処遇を表してます

前の記事でも書いた

正答根拠を匂わせる記述があったら、すぐに選択肢を吟味してしまう
(場合によっては解答できないリスクを背負って)


という即解を磨きたいしそれが普遍的に通用すると認められれば
これを講師ならではの解法にしていこうと思っています




全5回:25,000円(税込)
各回1回受講:5,000円(税込)


第1回 リスニング問題

第2回 作文問題 ―主観式穴埋め問題・300字作文問題―

第3回 作文問題 ―700字作文問題―

第4回 読解問題

第5回 再解答編またはTOPIKⅡ予想問題演習/7級問題

各回で主催者未公開過去問を使用し練習します。
各回のより詳しい内容はこちらをご覧ください

受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
1605518536954







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0002 (2)済
先の記事に続き2017年度・第2回35~37の35です

What was the reason people originally began migrating to La Nahuaterique

これだけの名詞(句)をチェックして第1段落を読み始めます
すると、第3文で migrating が出てきて、
普通に考えればその内幕が書いてあるのでは?と想像できます
つまり reason で、思った通りそれが書いてあります

The best agricultual land in El Salvador at the time was generally controlled by wealthy landownersand shortage of land left many farmers no choice but to migrate to the borderlands to support themselves. 

正答選択肢はこれで、

4 Poor Salvadoran farmers were unable to secure land for themselves and so were forced to farm there.  

過去問集での正答根拠は傍線部だと説明されていますが
この部分で、people が置かれた立場が想像できます
つまり、農業に適した土地を裕福な地主が支配しているなら、
問い中の人々は何かと制限されてたと見当がつくので
それだけキャッチして、選択肢を取捨してしまおうというものです

ふたを開けると実際に、この部分選択肢前半が対応しています
ちなみに、選択肢後半部分は、問題文 and 以降と合います


このように、後のライティングに時間を残しておくためには
(筆記問題で解答順を指定されてはいませんが)

正答根拠を匂わせる記述があったら、すぐに選択肢を吟味してしまう
(場合によっては解答できないリスクを背負って)


という即解もやってしまおうと思いました




全5回:25,000円(税込)
各回1回受講:5,000円(税込)


第1回 リスニング問題

第2回 作文問題 ―主観式穴埋め問題・300字作文問題―

第3回 作文問題 ―700字作文問題―

第4回 読解問題

第5回 再解答編またはTOPIKⅡ予想問題演習/7級問題

各回で主催者未公開過去問を使用し練習します。
各回のより詳しい内容はこちらをご覧ください

受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
1605518748580

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0003 (2)済
先の記事に続き2017年度・第2回32~34の34です

What was previously thought to be true of tardigrades

ここでは、この previously に目を留めるべきと思いました
特徴的かつ、問いの内容と正答根拠箇所を特定化しているからです

それを踏まえて第3段落を見ると、やはりこれがありました
このあたりには、英検のやさしさを感じます
そこから読んでいくと、

~ it helped to disprove claims previously made by scientists that as much as one-sixth of tardigrade genome had been  transferred from bacteria and other creatures,rather than evolving naturally. 

previously を含んだ文を検討し
たとえこの部分が仔細に分からなくても     の部分に注目して

transferred from bacteria and other creatures
 ||
2 ~ was acquired from other organisms 

結局は、transferfrom other で選択肢取捨を判断しちゃおうと
語句が言い換えられている他の部分はほぼ無視して
previously からほほ一直線にこの部分だけを検討します

ちなみに、講師が押さえた正答根拠箇所は過去問解説と同じで
まあ、ここしかありませんよね
やはり、問い中の previously を含んだ文なので、
分かりやすく、これ一択です




全5回:25,000円(税込)
各回1回受講:5,000円(税込)


第1回 リスニング問題

第2回 作文問題 ―主観式穴埋め問題・300字作文問題―

第3回 作文問題 ―700字作文問題―

第4回 読解問題

第5回 再解答編またはTOPIKⅡ予想問題演習/7級問題

各回で主催者未公開過去問を使用し練習します。
各回のより詳しい内容はこちらをご覧ください

受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
EdCCXrrVAAAw8Wx

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0002
先の記事に続き2017年度・第2回32~34の33です

The result of Takekazu Kunieda's experiment suggest that the Dsup protein is

問いにこれだけ分かりやすく固有名詞があるなら、
第2段落を眺めてこの2つを探します
幸いすぐ、第1文で Dsup 、第2文ではどちらも出てきます

先に確認すると、正答根拠とできる箇所は、
過去問集の解説と同じで、第3文です
ただ、即解法としては、それを知っただけではノープランすぎます


で、ここで注目したいのが文構造で、
第1文で Dsup を見つけて第2文が、

In an experiment,~

ではじまるなら、この文はスルーしてしまっていいのでは、と考えます
この句が、文が具体説明に属して、重要度が下がると分かるからです
それを経て、第3文が正答根拠と導き出せるというものです

そして、その第3文がこうで、

Exposure to radietion causes the DNA in normal human cells to break apart,but this effect was reduced by 40 to 50 percent in the cells containing Dsup

と、2つの細胞が対照された上で、

3 ~ in protecting DNA from the harmful effects of radiation   

が結ばれるということですが
ところでこれは正直、結果論的見方で、
正答根拠の第3文も、具体説明に属するんですよねぇ

そこで、本試験で講師が採り入れようと考えているのが、
TOPIK対策でも十二分に活用している文構造を前提に、

1つの段落が具体説明だけの場合
正答根拠を狙い定めて読むことができない


このことです

TOPIKの文章問題でも、具体説明で終わる問題文が出てきはしますが、
英検の長文問題は事情が違います
複数段落によって出題されるからです

このタイプに出くわしたら、運が悪いと思わざるを得ませんね
ぜひ、ご意見をください




全5回:25,000円(税込)
各回1回受講:5,000円(税込)


第1回 リスニング問題

第2回 作文問題 ―主観式穴埋め問題・300字作文問題―

第3回 作文問題 ―700字作文問題―

第4回 読解問題

第5回 再解答編またはTOPIKⅡ予想問題演習/7級問題

各回で主催者未公開過去問を使用し練習します。
各回のより詳しい内容はこちらをご覧ください

受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DxPeui6VAAAD-ro

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


英検長文についてさらに研究をしていました
DSC_0001
その中で、過去問集にある解説とは違う即解法を
講師なりに導き出しました

まず、2017年度・第2回32~34の32です
先に問いをチェックします

Why have tardigrades attracted attention from scientist recently?

問い中に、特定の人や事物を表す名詞をチェックのが定番な中、
テーマの tardigrades(クマムシ)について、
科学者が何か注目していることがあるらしいと思って読んでいきます

過去問集では第1段落第2文を前振りに、
後続の第3文,4文が正答根拠とありますが
講師はその第2文だけで解くやり方を身に付けたいと思いました

第2文には、まず問い中の attracted  があり、
いやがうえにも、正答根拠が出てきそうで、読み進めると、

scientist attention because their ability

それは何らかの能力だと、これだけで選択肢を吟味してしまおうというものです
because があるのも、そうして構わないという説得力を高めてくれています
実際に正答には、

1 Their ability to slow down important physical prosesses allows them to survivein extreme environment. 


とあり、他の選択肢の、特に文冒頭部を見ても
「能力」云々とはありません


この後のライティングそしてリスニングでの選択肢事前チェックのためにも
講師はこのように解きたいと思います

問いでキーワードをチェックし
問題文でそれが出てきたらほぼ間違いなく正答根拠が出てくる
段落最後まで読もうとしない


このことを中心に、即解法を書き連ねていきます
ぜひ、ご意見をください




全5回:25,000円(税込)
各回1回受講:5,000円(税込)


第1回 リスニング問題

第2回 作文問題 ―主観式穴埋め問題・300字作文問題―

第3回 作文問題 ―700字作文問題―

第4回 読解問題

第5回 再解答編またはTOPIKⅡ予想問題演習/7級問題

各回で主催者未公開過去問を使用し練習します。
各回のより詳しい内容はこちらをご覧ください

受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0019

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ