四日市・オンライン・桑名・名古屋金山韓国語教室 ハングル語学堂四日市校 ブログ

三重県四日市市・名古屋市金山(両教室共、生講座・オンライン{スマホ・PC・タブレットを通じての学習活動}で開講),桑名市で開講中の韓国語教室です。 桑名市立教まちづくり拠点施設/精義まちづくり拠点施設 『チェミッタ韓国語』 『韓国語入門』 講師自作問題・解説と添削により、オンラインでのサポートも加えての、 『ハングル検定<3級,準2級,2級,2級語彙,1級>/TOPIK(韓国語能力試験)<Ⅱ総合実践,作文実践,作文入門>対策通信講座[全8コース{郵送版/データ版}]』 『韓国語テキスト完璧マスターコース<書き込み式韓国語BOOK・通信添削{郵送版/データ版/オンライン版}>』 を全国の皆さまに開講しています。各特別企画,リクエスト講座でオンライン学習活動もおこなっております。

カテゴリ: 新型コロナウイルス(SARS-CoV2・코로나19)

5
안녕하세요?


やっとこの記事に手をかけれます

新型コロナウイルス感染者数が急に増えた理由を
きちんと知らない人が本当に多いですね

その理由は、

〇PCR[Polymerase Chain Reaction・ポリメラーゼ連鎖反応]の
 検査数が第一波時の10倍以上に増えたから

〇検査数が増えた理由は、PCR検査実施環境がより整備されたから
第一波の時は検査実施をかなり厳しく絞ってたそうです)

検査数が増えれば、実は以前からいた無症状の感染者数が
 比例して実際の数字に表れて、急に増えたように見えている

ja7z4Y_w
そして、感染者数が特に増えている東京について、

〇例えば新宿区で、感染の陽性反応が出れば、
 無症状でも10万円の見舞金が出る


〇「無症状でもお金がもらえるなら検査を受けとこう
 「10万円もらえるなら、感染者にわざと濃厚接触してしまおう
 というのも、PCR検査件数増加→SARS-CoV2感染者増加につながった


〇COVID-19が重症化するメカニズムもある程度見えてきて
 治療法が、まだ手探りなところがありながらも確立されてきた


つまり今までは、新型コロナに一度感染してしまうと、
周りから叩かれて外に出れなくなるし
仕事もできなくて生活もままならなくなるけど
そうやってお金がもらえるならと、今まで検査をためらってた人達が、
以前よりは気軽に検査を受けれるようになったと考えられます

これが、SARS-CoV2感染者数増加の理由の一部です


で、一番確認したいのが

無症状は病気じゃない
(騒いでるあなただって実は新型コロナに感染してたけど、
 自然と消えてったんじゃないですか?)

重要なのは感染者数より重症化率と死亡率

重症化率と死亡率は検査件数→感染者数で比較すれば
第一波時とあまり変わっていない事実


こうやって、素人の講師が滔々と書き連ねてはいますが
こんなのは、ネットで調べればいくらでも分かります

TVはまた視聴率が上がって儲けれると
数の中身に触れずに、数だけを騒いで世の中を煽ってます
そうすれば、人がまた家に閉じこもってTVを見れくれますしね


現象をきちんと中身まで観察しましょう
数百、数千の感染者数というセンセーショナルな外面だけで、
右往左往してるのと同類と思われたくはありません

個人的には、竹本が言っていた、

"電車に乗ったら、コロナで死ぬ"

という、頭の悪い発言を思い出しますね

ちなみにこの記事は、講師が新型コロナ禍について、
きちんと理解するためにまとめたモノで
世の人は感染者数に踊らされ続けることを前提にしています


現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています


お問い合わせ

お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

안녕하세요?


この記事で書いたことの理由を、最近知ることができました

たまたまEテレで

ETV特集 選
「緊急対談 パンデミックが変える世界~歴史から何を学ぶか~」


という番組を見ていました

N202010678800000_x
ここでは、イタリアでのCOVID-19例が出されていて、

“あれだけ個人主義で、帰属意識を嫌い、
 一つにまとまることを好まない人達が、この機に及んで、
 例えばコンテ首相の話をテレビの前でみんな聞く、
 そして周りの人に「あの話聞いた?」と尋ねたりして、
 まとまるところは妙にまとまっている”

“こういう状況なんだから、そんなこと言ってられないと、
 ここは結束しないと事が治まらないと、
 自分の頭で考えて、結果を出している”

自分の頭で考えて結果を出すには、きちんとした知識が必要である”

“それに対して日本では、法律や命令などの強制を伴う対応をせず、
 「自粛の要請」程度で済んでいるのは、人の目を気にするので、
 ウチだけ店を開いたり、大々的にイベントを行なっては、という、
「無言の強制力」が働いている。これはかなり強烈”


“あとは、比較的高い衛生観念と民度の高さから、
 海外のように、都市封鎖や外食全面禁止のような措置を執らず、
 部分的な経済活動制限でここまで来れている”


これでよく分かりました

いわゆる自粛警察もそうですが、
人の目を気にして、人と同じようにしていようというところに、
COVID-19やSARS-CoV2についての科学的リテラシーや、
物事を順序立てて考える論理的思考の余地は無く、
日本人の国民性という、本能が支配する部分、
あるいは感情的な部分が全面に出て、今に至っているんやと、
はっきり理解できました

周りからくる「無言の強制力」にただ従ってるのにも、
頭で考えて云々はありませんもんね


ここからは、このことをきちんと知って説明できるようにしておき
ファンクショナルに行動して、本当にトクなことを得ていけばバッチリです

「何の根拠も無い無駄事をやっててご苦労さん」

とでも思ってあげましょう


現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています


お問い合わせ

お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0002 (8)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


タイトルに上げたこと、これはもう間違いなくそうですね
8
例えれば、今や、

“裸で外へ出ないでしょ?”

のレベルです
ここに書いた、マスクを着ける科学的根拠なんて、
誰もまともに理解してませんからね

皆が(特に日本で)マスクを着けている理由はただ一つ、

人の目が気になるから

これだけです

ちなみに、講師は着けてますよ
それは、上手な世渡りのためにで
エモーショナルよりファンクショナルを優先したいからです


現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています


お問い合わせ

お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
EaMxrOtUMAAmF85








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


今回の新型コロナ禍で、本当に痛感しました
感情で過ごしている人が、本当に多いことを

そのような人に、何を言っても通じない気がして絶望したりしますが
講師は少なくとも、

きちんとした知識と知恵を持って生きる

このことを心掛けたいですね


現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています


お問い合わせ

お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DYhQ9g3UQAEMl16
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
안녕하세요?


最近は、COVID-19を「コロナ」とだけ言っている人の話は聞きたくないと
拒否反応さえ出てきてます
DSC_0008
新型コロナウイルス感染症について何も知らなくて
ただ同調圧力に合わせてるだけなのに、
あんたたちのせいで、生活と経済がぐちゃぐちゃになった
その加害者やという自覚をもって、世の中に謝罪すべきです


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0010
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ