ハングル能力検定協会より、問題文を載せるなとクレームがきたので、
解説のみです。



여러분,안녕하십니까?

 

第1問の発音問題で主題された項目は、


連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅇの激音 ㅎ


で、前回は、

 

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅇの激音 ㅎ

 

と、出題発音ルールはここ数年ずっと、この4つに固定されています。

単語が違うだけで、問われていることは同じです。

この問題解答はさておき、実際の発音そして会話で、
連音化にはもう慣れましたか?

これに慣れることが、'韓国語ペラペ~ラ'入門段階でのキーです
まだぎこちなくて、文字を見ながらでも連音化できないし、
連音化した部分が聞き取れないところがあったら、一刻も早く慣れましょう。

そのために、一にも二にも無く『音読』です👄
書く時も発音しながらやります
連音化する箇所は、音はお引越しし、文字はそのまま記すことで、
徐々に定着していきます。


では、第2問・第3問の「単語テスト」です。

このサイトで毎回確認していることで、第2問のような問題を出す協会側の意図を推すると、

出題された各語の綴りを、単に確認しているのみならず、語句を覚える時、
普段から音だけでなく、綴りまで覚える形で学習してほしい
というメッセージが込められている気がします。

 

あらゆる言語の中で、特に韓国語は、
綴りと音がずれる例が多いことからの出題と考えています。

 

さらに、数年前に比べると、出題語の選定が絶妙になってきて、

これはおそらく出題者の協会が、実際の教育現場での好例を集めて
出題したのを窺い知ります。

 

各語句や文句を‘音’が押さえられていれば、まずはよしとしましょう

ただでさえハングルは「音を表す字」で、何より会話は‘音’でやるからです

 

一方で、SNSを中心に、文字でやり取りすることも多いです

カカオやLINEで、間違った綴りを書けば、よほど勘のいい人でもなければ、

面と向かってやり取りしていないのも相まって、
自身の言わんとしたことが伝わりませんね

 

当校でオンライン/教室問わずおこなっている復習コーナー「チェック&チェック」でも、

音は知っているけど書けないという方が多いです。

 

 

語学以外のあらゆる分野でも、機械が簡単に導き出してくれる今この時代だからこそ、

 

「ペンを持ち、手を動かして書く」

 

ことは本当に重要です。

そして、5級リスト・約450語は、

『これからの‘韓国語ぺラぺ~ラ’』


のために押さえておきたいものばかりです。

これらを言えて聞けてこそ、韓国語会話がきちんできるからです。

そこに一つの「やり甲斐」を感じながら覚えて使っていきましょう

 
第2問では、2)と4)にその微妙さを感じさせます。
2)だと、正答と②がごっちゃになったりします。
②は②で実在する単語で、意味は「皮」です。


そして第3問でも、今回の出来不出来はある意味関係無く、

これからの‘ぺラぺ~ラ’のために、全部覚えましょう。

1)で、聞き取り問題でも採り上げられる位置名詞を、
まずは押さえておきたいです。

そして5)で恒例の副詞問題では、よく出される「すぐ」ではないですね。
正答다시 の区別ができるようにしておきたいです。


では、第4問です。

ここで問われるのは、

単語を単語として覚えないこと

です

専門用語で「コロケーション(collocation)」「連語」などといわれますが、
単語と単語の'普通に考える(語法的文法的に正しい)’組み合わせで覚えます。

今回出題された各語も、単語だけではなかなか頭に定着しないもので、
その観点から、トウミは所詮、各級の出題語句を紹介する「ガイドブック」で、
教材ではないことが分かります。

ちなみに5)돈을 찾다 はいわゆる慣用句ですね。
찾다 には<引き入れる>というコアイメージがあり、
「(預けた)お金」を自分の元に<引き入れる>のでお金をおろすなんですね。


続く第5問で、前後の発話と関連させて解答する問題ですが、
2)は大丈夫ですか。

「(持ってくるべき物を)忘れるはこういいます。
「忘れる」といっても 잊다 は[記憶が頭の中から消える]です。
注意しましょう。

あと3)で、'何'曜日の言い方にも注意が必要です。
これは結局、7つある曜日のうちの「何の」曜日かを訊くので、
무엇 ではなく 무슨 なんですね。
무슨 は日本語何の同様、同類名詞中の1つを訊く疑問詞だからです。


それでは第6問の入れ換え問題です。

2)で、この段階での語彙力が訊かれています。
~まで~に終わると言い換える問題で、
問題を結構うまく作ったなと見ています

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
cyzCslKE