안녕하세요?


"間違ってもいいからとにかく話そう"

他言語をできるようになるにおいて、これはすごく大事なことだし、
講師もよく、このフレーズを使っています。

とはいえ、これこそ<言うは易く行うは難し>の典型で、
私達日本人の国民性と、1つの正解のみを追い求める日本の教育が、
そうさせているように思えます。
その環境に合わせるように、学び場や各教材は、学ぶ側の方に、
発音から語法,文法などに至るまで、正確な言語使用を求めます。

これは韓国語に限らずそうだと思いますが、
韓国語の場合は、日本語ネイティブにとって、文法をほとんど学ばなくていいので、
発音面で、主にそれを求める傾向にあります。

「ネイティブのように発音する」

ここ最近は、流行からすっかり定着する勢いで、

「イントネーションも徹頭徹尾ネイティブ式に合わせて」

と、それらは特に、それらが実現できなかったり、
ある程度できているとしても、ほんの少しでもずれたら通じないと、
いわゆる強迫観念を植え付けて来んばかりに繰り返し言われます。

講師はこれらを通じ、結局こうやって『正確さ』を強調することで業界が潤う、
つまり、

金が生まれる

からと、いつも解釈しています。
そう強調しておけば、というか、学ぶ側の方にそう思わせれば、
教材をあれこれ買ってくれるし、当校のような学び場を利用してくれるからです。

では、講師はどうしてるかというと、
自分は講師なので、『正確さ』の追求はもちろんします。
と同時に、それは言語使用をより良くする方法の1つに過ぎず、
時に『正確さ』を無視して、話したり書いたりすることも同時に追求しています。

この'時に'というのを重要な点としていますが、これは、
何より大切なのが、

その言語で自身を表現し、より良く意思疎通できるようになること

だからです。

『正確さ』を追求し、発音も語法,文法もネイティブみたいになった方には、

「それはどうもごくろうさんでした」

のひと言くらいかけてあげるとして、
相手の韓国人が、例えば 알았어요 や 그렇군요 などとリアクションしてくれるように、
話したり書いたりできるようにするのを至上の目的として、
これからも学ぶ側の方に、それを実現する練習の場をご提供していきたいです。

その代価として、お金をいただければ、これまた至上の光栄です。

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中