안녕하세요?😄


以前、



にお問い合わせをくださった方が、

'TOPIKは今までのやり方で試験時間内に問題を解く事が難しく悩んでた。
そんな中、テクニックと言う言葉に惹かれた。
思えば、大学入試の現代文も予備校で、
テクニックを教えてもらったような記憶があったので妙にしっくりきた’

とおっしゃっていました
センター試験はただのテク
当校の講座で使っている「テクニック」という言葉は、
いわば宣伝文句です

それは、TOPIKの問題が論理的に作られているのを活用し、
『論理』をキーワードに、リスニング・作文・読解全ての領域で、
文の流れ、言葉の流れに着目して解釈し発想し(作文で)解こうというものです

『論理』に着目すれば、ある程度の語彙力を使って、さっと解けて書ける、
それこそ、いたって普通のものですが、一般的にTOPIK対策の世界では、
講師の知る限り、そのようなやり方が使われていないので、
それら従来型との差別化を図るため、目に留めてくださることを願って
「テクニック」と掲げています

お話にある、大学入試の現代文で、予備校(現代文講師)が扱うテクニックには、
時に、

 '傍線部から3行後の部分に正答根拠がある'

といった、いかがわしいモノもありますが
51vOsTFU85L
この方がが教えてもらったのは、テクニックと称しながらも、
「文を読むこと」の本質を突いたことであったはずです

本当の読み方・聞き方・書き方そして必要語句

を身に付けていきましょう



全5回:25,000円(税込)
各回1回受講:5,000円(税込)


第1回 リスニング問題

第2回 作文問題 ―主観式穴埋め問題・300字作文問題―

第3回 作文問題 ―700字作文問題―

第4回 読解問題

第5回 再解答編またはTOPIKⅡ予想問題演習/7級問題

各回のより詳しい内容はこちらをご覧ください

受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください

お問い合わせ

お電話 :090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です


‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
Korean_culture-PC_bang-01