ハングル能力検定協会より、問題文を載せるなとクレームがきたので、
その部分を削除しました。



それでは、第9問の会話文問題です。

  

1)は(  33  )直前の と、後続のB2つめの発話が正答根拠です。

긴(기는) が反対関係の文脈を持っているのはご存じでしょう。

具体的には が反対を表し、これによって 만들다 が否定されます。


2)3)は平易で、4)で、たとえ会話文を読んでわけが分からないとしても、

①と③の2択にはできるようにしましょう。

ここまでは、2級相当の語句知識が要らないからです。

 

なぜ2択にできるんでしょうか。

どちらも、尊敬補助語幹 (으)시 があり、会話中の主語人称とずれるからです。

実用の会話ではそんなことを気にしなくてOKな中で、

試験問題解答では、こういう‘文法’をフル活用したいですね。

 

ところで、当校では筆記の会話文問題について、今や手を持て余している感を覚え、

聞き取り問題でも問うているなら、『会話』という行為の性質上、

筆記問題では無くしてもいいのではと、協会に質問したことがあります。

 

その回答をいただきました。

こう言う意図があって、筆記でも会話文問題を出題しているそうです

 

 

では、長文問題を見ていきましょう。

 

今回も内容一致が半数あり、
つまり語彙力を訊いていますが(作問が簡単という面もあります)、

前回に引き続き挿入文問題を出してきました。

 

内容一致問題は、各選択肢で正誤を出す所が決まっているので、

ぜひ問題文と各選択肢を今一度対照し、成語の箇所を見定めておいてください。

すると、ある共通点が見えてきます。

 

内容一致については、問題文と選択肢を語句的に対照するだけで、

過去問集程度の解説でも、基本的には納得できるので(質問はお寄せください)、

ここでは、第12問【問1】の挿入文問題を見てみます。

 

北の問題で挿入文が出ているのに、やや緊張させます。

北の問題は、通例語彙的に取っつきにくいのが出されますしね。

北特有の語彙(인차,일없다 など)はありません。

 

でも今回は、解答と関係無い3行目の発話で일없어요 が出てきました。

韓国では 괜찮아요 で、講師もたまに冗談で使ったりしますが。



ではまず、その挿入文を確認します。

問題文を読み、그런데 を挟んで、後続の動作と反対の動作あるいは状態が出てきたら、

そこが正答候補かも、と考えましょう。

あとは、 が指す人も意識します。

 

(A)(B)が✖なのは明らかです。

それらの前文と「その場に立っていた」を反対関係で結べません。

 

そして(C)では、

 

달려가다 → 표를 접어들다 → 서있다

 

という、いわゆる動作の時系列が合います。

残りの(D)だと、同じことを繰り返してしまいます(움직이지 않다 = 서있다)。



では、最後の翻訳問題です。

韓日訳問題では2)で、슬쩍 の知識と共に、떠보다 をあらためて見てみましょう。

 

뜨다 + 보다

で出来ているわけなので、対象(目的語)を[浮かび上がらせて(뜨다)]、

つまり対象をはっきりした状態にして[見る]から「探る」が合うわけです。

 

ちなみに①「のぞく」は

〔内→外(내다보다)〕 〔外→内(들여다보다)〕

と、のぞく方向で使い分けることに注意です。

 

ちなみに、3)の④は、みんなで笑いましょう(爆)



次に日韓訳では2)で、1級なら 곧이듣다 を出してきます。

そして3)で、①と③の2択にさせようとしているのは明らかです。

誤答されたとしても、この2択という最低条件をクリアしていたらよしとしておきましょう。

 

あとは、④ 입담 が、

 

◎말하는 솜씨나 힘.


という意味から、問題文「(余計な)口」と合わず×です。

 

翻訳問題は出題がマーク式(客観式)であっても、

基本はあくまで‘自分の手で’訳しましょう。「翻訳」とは本来そうです。

 

翻訳問題でのマーク式(客観式)解答は、
人員不足による解答採点作業の合理化の方便で、

受験者数が今ほどではなかった昔は、5級でも記述式解答だったからです。

 

翻訳は本来すごく楽しくて、日韓両語間の訳は、

酷似している点が多々あるからこその楽しさがあります。

 

いずれ、それらを共有したいですね。

 


ということで、2級試験が終了しました。

 

ここまで来て、残りは1級ですが、受験されますか?

その気持ちが湧いてきたら、ぜひ挑戦しましょう。

受験料1万円(2021年2月現在)は、それほど高くなかったりします。

 

例えば、講師がずっと挑戦している英検準1級は、約3年間で、

6,900円8,40010,700円(会場での受験)/10,200円(S-CBT式{パソコンでの受験})

と、想像しなかったハン検1級越え状態です。

 

今思うに、講師が1級を受検した動機は、

韓国語講師業をするにおいて、自身が韓国語ノンネイティブであるのと、
学歴が無いからという、それだけです。

 

1級を獲っておけば、ハン検に限れば、1級対策まで扱えますしね
 

そして、失礼を承知で、2次試験についてのご助言をいただいたのが、

ここでのご縁が出来たきっかけなのですが、
1級も受検される皆さまを心から応援いたします。

 

今は何より、ここ最近の世の中を振り返り、


“今こうやって普通に学べていることに感謝し、
 当たり前と思えることは決して当たり前ではない”

 

この事実を見つめ直し、「ありがとう」を繰り返しながら、学びを大切にしたいものです。

 

おつかれさまでございました。


ハングル検定対策各通信添削講座(3級,準2級,2級,1級)
(郵送版/データ版)

3級 全7回:24,000円(税込)

準2級,2級 全8回:32,000円(税込)

1級: 全8回:40,000円(税込)

ハングル検定2級語彙力強化講座
(郵送版/データ版)

全5回:20,000円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 : 090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中