ハングル能力検定協会より、問題文を載せるなとクレームがきたので、
その部分を削除しました。



では、第6問の会話文問題です。

 

正直、特別見るべき問題はありません。

あえて挙げると、3)で④を選んだ方がおられるかもしれませんね。

講師ははじめ、④も行けそうやなと一瞬思えて、

今回は聞き取り問題にも、正答が2つあるとすることができる出題があり、

これは久しぶりに質問状ものか!?と考えました。

これは、(  25  )と直後のA2つ目だけを見れば合います。

続くB2つ目が、それを補足的によさそうと思わせます。


④でもいいのではと思わせる根本原因は結局、
各発話で主語を明言していないからです。

もちろん、韓国語は主語を明言する必要は別段無く、

以前、講師が協会に、筆記会話文問題の存在理由について、
伺った質問状への回答で述べていることで

主語が無かろうが、終結語尾表現を中心に、
それを読み取ることを盛り込んでいる、とはされています。

 

しかし、このやり取りには、文脈に‘隙間’が空いていて、複数の解釈を許しているんです。

例えば、A2つ目 아무리 바빠도 がもし、

 

「いくら最近私が忙しくしていても」

 

と解釈してしまえば、④が成立します。

それで、B2つ目の主語をAとして、

 

今時お前が解雇されてないだけでも感謝しなきゃ。
(明日は祝日だなんて言ってる場合じゃないぞ。働けよ)」

 

と解釈する余地を与えているわけです。

 

発表されている正答には、もちろん文脈がきちんと通っているので納得がいきます。

それでも、各発話に主語が無いばかりに、もう一つの解釈をさせる余地を与えたこの問題は、

いかがかなとは思いました。

ネタの一つにもなるので、質問状をまた書いてみようかなと。



では、第8問~第10問の文章問題を見てみます。

文章問題に取り組む時の原則として、‘問いを先に読む’というのがあります。

今回の出題では、

 

第8問

 

【問1】問題文のタイトル

 

【問2】한국의 여성은 결혼해도 성이 바뀌지 않는다 の理由
  (合わないもの)

 

と、これから自分が読む文章の内容とがおぼろげでも分かるし、

問題文の‘読み方’も教えてくれています。

 

あと、内容一致問題では、各選択肢も見ておきましょう。

さらにそれら選択肢で、正誤を設けている所をきちんと見定めておきます。

これはTOPIKでもリスニング・読解共通でそうで、余計なところまで見なくて済みます。

 

まず、第8問から見てみます。

【問1】では、文のタイトルは「テーマ」ともいえるので、自分で正答根拠部分を拾い、

そこと合う選択肢をマークします。

 

これを解くにおいて、まず目を留めるべきは第2文です

【問2】に関わる部分で、よく知られていることではありますが、

これを読み終わった時の頭の中が問題です。

例えば、

 

‘意味は分かった。次を読もう! 意味は分かるかな?’ 

 

これだけではもったいないです。講師の頭の中はこうなっています。

 

‘このことについて具体説明するんでしょ?’

 

これは、その直後に 그 이유는 とあろうが関係ありません。

どんなはじまりであれ、どんな文内容であれ、こう決まっています。

例外があるとすれば、また反対関係の文脈が出てくる場合ですが、

そんなのは、文章としてすでに破綻としているので、ありえません。

 

それはさておき、あとは、

韓国の女性は、結婚しても姓が変わらない

具体説明が、どこまで続くかです。

それが終わるサインも、ほぼ分かりやすい形で示してくれるのでご安心を。

 

ただ、この問題文では無いので、末尾まで具体説明です。

すると【問1】と正答根拠と同時に、【問2】の正答根拠がある場所が分かりましたね。

先に触れた通り、그 이유는 ときちんと宣言してくれているので分かりやすいですが、

【問1】は、

 

テーマ「韓国の女性は、結婚しても姓が変わらない」+ 具体説明{根拠}・2文〕


から、正答がと分かります。

正答根拠とで語句を言い換えていますけどね。

「姓を変えない」=「夫の姓に従わない」


ここで語彙力を訊いています。


そして、【問2】の正答根拠がある場所が分かりはしましたが、
長い文が2文あるんですよね。

なので、語句的に余裕が無ければ、問題用紙下の余白にでも、

意味が分かる(日訳できる)範囲内でメモしましょう。

日本語でざっとまとめると、

・女性尊重

 

・女性を男性の一族としない

 

・血統重視思想 → 嫁入りした娘も姓を維持しようという意図

 

一例として、こんな感じでメモします。

そして、それと合う選択肢を消そうということで(合わないものを選ぶからです)、

が正解で、불교[仏教]が問題文に出てきません。

 

ところで、第9問の問題文を読んで、はじめ「へぇ」と思いました(苦笑)

逆に、じゃあ日本人はなぜ室内でコートを脱ごうとし、
そのまま着ているとおかしく思う人が多いんでしょうかね。

準2級受験・合格レベルにいる私達にとって、やや背伸びする感はありながらも、

韓国語でディスカッションする、いいネタではないでしょうか。

 

当校で開講している、韓国語だけ(日本語禁止)の学習活動、


『スダジェンイ(The Sudajenyi)』のコー(上級クラス)

で採り上げました。


さらに、第10問の問題文内容も、なかなか興味深いです。

TOPIK同様に、ハン検でもこのような「へぇ」「ほぉ」と思える内容だといいですね。

そういえば、北朝鮮が 2015年8月から2018年5月まで、

평양시간[平壌時間]と称して、
協定世界時(협정세계시/UTC<Coordinated Universal Time>)から、

問題文にある通り+8:30と、日本・韓国の+9:00と変えたことがあります。

 

文章問題では、基本的に文構造を意識したいですが、

問いが語の穴埋めと内容一致なので、問い質す必要はありません。

ただ、問いは関係無く、文構造を分析しておくのは、
例えばTOPIKの読解/リスニングで役立ちます。

 

 

では、最後の翻訳問題です。


まず第11問・韓日訳で、1)では、出ました、副詞 여간 の構文です。

ただ、今回は各選択肢を工夫しています。

末尾を否定表現に統一しています。

 

今までは、여간 の構文では、この問題文の通り、末尾が否定表現なので、

選択肢では、末尾が否定表現なのをひっかけとし、
実は肯定表現のものが正解と作ってくるのが、

翻訳問題で出題される度の恒例行事でした。

 

結局は事実上、쑥스럽다 の知識だけを訊いています。

語句知識が無関係の、過去問出題パターンだけ覚えた人を不正解にさせる、
そんな意図を感じますね。

 

2)は、끼다 の肯定と否定が並列し、おまけに があるので、

끼다 が[無条件]であることを表す訳文を選びます。

 

 

そして第12問・日韓訳では、全て平易です。

余談で、講師にとっては昔のように、翻訳をきちんとさせる出題が懐かしいですね。

それは昔の方が、‘考える’領域があったからです。


ここでの‘考える’は、


〔覚えたものを条件(問題文)に合わせて、韓国語的に組み立てたり調整すること〕


です。ここに、難しさと同時に楽しさがあったんです。その頂点は1級でしたが。

今は覚えたものをただ出すだけです。

この後は、個々人の好みに依るので、そのことについての優劣は述べるべきではありません。

ハングル検定対策各通信添削講座(3級,準2級,2級,1級)
(郵送版/データ版)

3級 全7回:24,000円(税込)

準2級,2級 全8回:32,000円(税込)

1級: 全8回:40,000円(税込)

ハングル検定2級語彙力強化講座
(郵送版/データ版)

全5回:20,000円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 : 090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中