ハングル能力検定協会より、問題文を載せるなとクレームがきたので、
その部分を削除しました。



[準2級・筆記試験の解説・講評]

 

―前回との比較―

 

<難易度>易化。

 

<問題語数>前回並み。

 

<問題内容>一部変化。



여러분,안녕하십니까?


 

第1問の音声問題で、採り上げられた主たる項目は、

 

ㄴ挿入+鼻音化・ㄴ挿入+流音化

 

です。前回と同じですね。

ここ最近はこのペアで固定化しているので、すぐ正解できます。

 

筆記試験時間が以前の90分から60分と2/3になったのを差し引いても、

現出題基準で2問だけの準2級・発音問題は(昔は5問もあったんですよ)、

出題項目が事実上分かっていて、1問2点とは、かなり‘おいしい’です。


それなので(中川教授、「なので」はなるべく使わないようにします!)、

DSC_0150

試験問題解答だけなら、出題傾向が変わらない限り、4点をもらったも同然なので、

これはさておき、この、

 

・ㄴ挿入+鼻音化  ・ㄴ挿入+流音化


を会話できちんと発音し、聞き取れることを目指しましょう。

講師が知る限り、試験問題解答ではすぐ気付けても、

実用となると、単純に連音化してしまう場合が多いです。

すると、リスニングも同様にできません。



では、第2問の語彙問題で、1)の正答語 줄거리 は、

持つ意味から、ドラマ・映画好きの方にとって、覚えておくと便利ですね。

元々、

 

[細長い物] +거리(ネタ,素材)〕

 

で出来ています。「あらすじ」「ストーリー」と訳せるのもうなづけます。

それでも、語彙問題では初出題なんですね。


そして、2)と3)でいきなりオノマトペアが出てきました。

2)の④は漢字語ですけどね。


4)5)が前回同様慣用句な一方で、6)のがことわざと、前回と違います。

4)(正答句が4回目の出題)と6)(出題句が初出題)は、
選択肢全て直訳すれば解答できるもので、

これまた初出題の5)は、講師個人は、昔準2級受験当時覚えたのでおなじみで、

上級でもおなじみでありながら、たとえトウミのリスト中にあるとしても、

受験された方の中で、ご存じの方がどれくらいおられるか気になります。

 

2級,1級受験時点では常識的なんです。合格するには、最低条件に属する句なので。

ご存じなかったら、いの一番に覚えましょう。使用例を集められたら最高ですね。

 

ただ、先ほど‘直訳すれば解答できる’とはしましたが、

ここまで培ってきた基礎語彙力は必要です。

どちらも、問題文が長いからです。

 


第2問後半の3問は、問題文がいつも長めに設定されています。

そこでも語彙力を訊いていますが、全体的に取っつきやすい試験でも、

‘基礎体力’はある程度必要です。


では、第3問の接続表現・慣用表現問題です。

 

1)の助詞問題は、正答 치고(는)反対関係を結ぶことを知っていたいです。

がある時点で反対の文脈を結ぶと分かりますが、ここでも、


신입(= 一般的に若い) ←反対→ 나이가 많다


と、文脈がこう設定されているので、が正解ということです。

ちなみに他の選択肢は、①が因果、②③はイコールです。


そして、4)のような文法も、ご存じなければ知り、ぜひ実用しましょう。

主語1人称で引用形を使うと、発話内容が[強調]されます。

問題文の日訳は、


「ウチの息子は、ゴルフがとても上手なのです」

 

です。

もちろん、반말 でもOKなので(친단다)、
例えば何かをドヤ顔で言いたい時に使いましょう。


あと、5)も使えます。

文脈的にはイコール関係で、通例は問題文のように、

相手が知っていることや認識していることを、
確認の意味で具体説明する時に使います。

 

最後の6)は、(  14  )の後文 무슨 소용 から、
달리기 1등 を否定する必要があるので、

唯一反対関係を結ぶを選びます。

反対関係を結ぶと直接表しているのは 아/어도 ですね。



それでは、第4問の入れ換え問題です。

 

1)で 꾸짖다 が的中して、

3)では、もし各選択肢の慣用表現を知らないとしても、時制で解けます。

傍線部では、慣用表現나 다름없다 の知識を訊いてはいるものの、

この準2級を受けるに至るまでの語句知識から、
다름다르다 の名詞形で、それを 없다 で否定しているなら、


〔上の兄とお父さんが「違う」の否定 = 上の兄がお父さんだ

 

と分かります。

するとまず、否定を表す④が×と分かります。

慣用表現 만 못하다 を知らなくても(準2級以上では必須です)못하다 ですしね。

そして、これは結果が出ているので、連体形語尾 ㄴ で現在時制を表すに対し、

②③は未来連体形があるので、時制のずれで×です。


最後の5)で、ハン検に焦点を当てれば、

こんな、慣用句を意図的に多用する発話を積極的にしてみましょう。

たいした距離じゃないことを、例えばわざわざ 엎어지면 코 닿을 데죠 とかいうのを、

講師はやっていました。というか、今もやります。
時に韓国語ネイティブが引くくらいにです(苦笑)

 

ただ、この慣用句自体は初出題なんですね。

例文にたくさん触れるのもいいですが、それらを元にオリジナルの文句を作り、

直接の会話でも、SNS上でも、実用していればすぐ覚えられます。

日本語ネイティブにとっての韓国語は、
他言語に比べて、文句を一から作れる率が格段に高いですしね。



では第5問の同義語問題です。

 

1)では純粋に慣用句の知識を訊いていますが、

2)でも、正答を 익히다 にする形で的中を出しました。

 

そして3)の 젓다 が、第52回に続いて2回目の出題ですが、

棒状の物の先端をくるくる回す[コアイメージ]から、
고개를 젓다 も納得いくのではないでしょうか。



ハングル検定対策各通信添削講座(3級,準2級,2級,1級)
(郵送版/データ版)

3級 全7回:24,000円(税込)

準2級,2級 全8回:32,000円(税込)

1級: 全8回:40,000円(税込)

ハングル検定2級語彙力強化講座
(郵送版/データ版)

全5回:20,000円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 : 090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中