ハングル能力検定協会より、
問題文を載せないようにとクレームが入ったので、
その部分を削除しました。


[5級・筆記試験の解説・講評]

―前回との比較―

 

<難易度>前回並み。

 

<問題語数>前回と同じ程度。

 

<問題内容>前回と同じ。


여러분,안녕하십니까?

 

 

第1問の発音問題で主題された項目は、

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・無音 ㅎ

で、前回は、

 

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・無音 ㅎ

 

と、問われる発音ルールはここ数年ずっと、この4つに固定されています。

単語が違うだけで、問われていることは同じです。

 

 

上記の〔無音 ㅎ〕について、前回までは〔ㅎ の弱化〕としていました。

DSC_0022

韓国語界では通常この用語で、このルールが説明されていますね。

 

ところで、ㅎ は本来〔無音 ㅇ の激音〕であるところから、

ㅎの弱化とすると、ㅎ が音を持っている子音と錯覚してしまうので、

ここでは(当校では)用語を変えました。

この解釈がなかなか定着しませんが、まあいいでしょう。


では、第2問・第3問の「単語テスト」です。

このサイトで毎回確認していることで、第2問のような問題を出す協会側の意図を推すると、

出題された各語の綴りを、単に確認しているのみならず、
語句を覚える時、普段から音だけでなく、

綴りまで覚える形で学習してほしいというメッセージが込められている気がします。

 

あらゆる言語の中で、特に韓国語は、綴りと音がずれる例が多いことからの出題と考えています。

 

さらに、数年前に比べると、出題語の選定が絶妙になってきて、

これはおそらく出題者の協会が、実際の教育現場での好例を集めて出題したのを窺い知ります。

各語句や文句を‘音’が押さえられていれば、まずはよしとしましょう。

ただでさえハングルは「音を表す字」で、何より会話は‘音’でやるからです。

 

一方で、SNSを中心に、文字でやり取りすることも多いです。

カカオやLINEで、間違った綴りを書けば、よほど勘のいい人でもなければ、

面と向かってやり取りしていないのも相まって、自身の言わんとしたことが伝わりませんね。

 

当校でおこなっている復習コーナー「チェック&チェック」でも、

音は知っているけど書けないという方が多いです。

語学以外のあらゆる分野でも、機械が簡単に導き出してくれる今この時代だからこそ、

「ペンを持ち、手を動かして書く」

ことは本当に重要です。

そして、5級リスト・約450語は、

『これからの‘韓国語ぺラぺ~ラへ’』

のために押さえておきたいものばかりです。

これらを言えて聞けてこそ、韓国語会話がきちんできるからです。

そこに一つの「やり甲斐」を感じながら覚えて使っていきましょう!

今回の第2問は前回同様に、先の、

‘音は知っているけど書けない’

のいい例が選ばれています。

講師が拝見した例から鑑みると、
1)はよほど反復していないと、綴りが定着しないと思います。

母音 ㅔ とㅐの書き分けですね。

ただでさえ、例えば普段の会話練習で、새 を使うことってそんなにない気がしますし。

よほどの「鳥」好きの方は別として、ですね。

 

そして3)では ㅈ と ㅊ で、ㅊの点を付け忘れる例が多いです。

ちなみに、講師が入門段階の生徒さんからよく聞くのは、
ㅅと ㅈ がよくごっちゃになるそうです。

これをご覧くださった皆さまはいかがですか。

確かに、これらパーツが画的に似てしまうのは仕方ないことで、

これらのモデルを問い質すと、

(舌先が付く、下の前歯の形がモデル)

(下の前歯および、前舌の表面が口の上に付く形がモデル<ㅅの画数を足したパーツでもあります>)

(加藤理志『韓国語会話はじめます』より)

パーツの字面が似てしまうということは、同時に音も似るからです。


そして第3問でも、今回の出来不出来はある意味関係無く、

これからの‘ぺラぺ~ラ’のために、全部覚えましょう。

今回の出題は非常に平易です。それは、通常通り学べば、です。

恒例の副詞問題でも、有名な語が正答ですしね。

もし1問でも誤答されていたら、これまでの学習にどこか問題を抱えています。

今すぐ確認しましょう。


では、第4問です。

1)で、비가 내리다내리다 と言い換えられる語を思い出しましょう。

 

そして3)の正答語について、

実用場面ではとどのつまり(忘れる → 記憶が消え去る)までを表すので、

単に「忘れる」をいう場合は 잊어버리다 を使うのが通例です。

中国語での結果補語のようなものです。

問題文のように、이름을 잊었어요 も実用例がありますどけどね。

あとは、4)の各助数詞が数える対象を振り返りつつ、

5)が、これで「味見する」であると覚えましょう。

前回同様取っ付きやすい出題です。
ぜひ、使えるようにまでしておきましょう。


続く第5問を見ていきます。

1)で、보다は[比較]の助詞ですね。

さらに確認で、その両者には品詞・内容的共通点があるのを前提に[比較]します。

日本語にも通じる‘文法’で(本来はこういうのを‘文法’といいます)、

例えば、

“生姜焼きより莉子が好き”

ではおかしいです。
「生姜焼き」と「莉子」には、名詞という共通点しか無いからです。

一応確認しましたが、가을と品詞・内容的共通点を持つのは 겨울 だけですね。

続いて3)では、AB両者の発話にある文脈に合わせて選ぶんですね。

因果関係ですが、この文脈を結べるのは、幸い(으)면 だけです。

他は②④反対関係、③累加関係です。

そして4)を通じて、各疑問詞が何を訊いているかまで押さえましょう。

具体的にはこうです。

뭐(무엇) ― 名詞・事物

 

몇 ― 名詞・数字

 

언제 ― 名詞・時

 

어느 ― 名詞・選択(訊いている名詞が複数ある)

 

어디 ― 名詞・場所

 

누구 ― 名詞・人

 

어떻게 ― 用言・修飾語

特に 뭐(무엇)は、「何」という訳が当たっているので、こんがらがりやすいです。

一方で上記のように、事物か数字かまで押さえれば、混乱せずに済みますね。

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中