ハングル能力検定協会より、
問題文を載せないようにとクレームが入ったので、
その部分を削除しました。



続く第5問を見ていきます。

  

1)を通じて、各疑問詞が何を訊いているかまで押さえましょう。

具体的にはこうです。

뭐(무엇) ― 名詞・事物

 

몇 ― 名詞・数字

 

언제 ― 名詞・時

 

어느 ― 名詞・選択(訊いている名詞が複数ある)

 

어디 ― 名詞・場所

 

누구 ― 名詞・人

 

어떻게 ― 用言・修飾語

特に 뭐(무엇) と 몇は、「何」という訳が当たっているので、こんがらがりやすいです。

一方で上記のように、事物か数字かまで押さえれば、混乱せずに済みますね。

続く3)では、

A 보다 B이/가 더 ~~
(AよりBの方が~~)

と構文で押さえましょう。

 

そして4)で、正答はすぐ選べますが、

잘 안 와요 を「よく来ません」と訳すと違和感を覚えませんか。

 

잘は[良い状態で]としておきましょう。先の[コアイメージ]です。

 

日訳はこのコアから広がって「きちんと」「いい具合に」「楽しく」などと解釈でき、

こうすることで、訳が似ている 자주 と区別できます。

“잘 を制する者は韓国語を制す”

 

です。

 

それでは第6問の入れ換え問題です。

前回では、韓国語の数詞を押さえて、そこから計算までさせたものが出されていました。

今回は純粋に言い換えを訊いています。

1) 내리다 は結局[上→下]を表し、「降りる」「降る」「下ろす」「下がる」と広がるんですね。

 

あと、2)멉니다 も注意です。

この後の活用問題にも関わってくることで、基本形 멀다 での ㄹパッチムが落ちています。

 

その第7問・用言活用問題で、ここも前回以前と変わっていません。

 

1)3)の 해요体問題は、逆に基本形をすぐ答えられるようにしておきましょう。

あまりやらないであろう、[活用形 → 基本形]の言い換え/書き換えもいい練習になりますよ。

 

そして2)が第3問でも出題されている「splonの法則」です。

ほぼ毎回出題されていますが、

今回は‘ㄹ語幹御三家(알다,살다,만들다)’以外の 놀다 が出題されました。

ところで、用言活用ということで 합니다体について、

世に出回っている入門用教材では、用言活用をほぼ 합니다体から学び、

多少の前後はあっても、ほとんどの方々が、

<합니다体>  →  <해요体>  →  <尊敬形>

の順に学ばれたと思います。

学習経験が十分おありの方が、ずっと합니다体でお話しされる例も結構あります。 

 

ですが、理想は 해요体から学びたいです。

それは、日常会話で主に使われるのが 해요体だからです。

합니다体が、해요体より丁寧で公的あってもですね。

 

講師は、この学習順序に対して、ずっと疑問を持っていました。

その理想を自らの手で実現させるために、講師はあえてオリジナルテキストを作り、

入門用全20課の中で、입니다/까?,이/가 아닙니다/까? を第1課で同時に学ぶ形で、

<해요体>4課  →  <尊敬形>6課  → <합니다体>16課  

という順番で学び、합니다体をかなり後回しにしています。

 

 

他の例で、2018年度のTVハングル講座では、
今回試験までの時点で 합니다体を扱っていませんでした。

DSC_0066
DSC_0097

さらに、입니다/까?,이/가 아닙니다/까? すら扱わず、

예요/이에요,아니에요 だけを採り上げて、

しかも 아니에요 では、通常前にくる助詞も省略するという、

先進的な学習順序を、ご担当の阪堂千津子先生は提示されています。

テレビ講座上の制約や、基本コンセプト(おそらく、やり取りより意思表示を重視)の違いが、

あれこれあるであろう中で、その先見性と、綿密に配置された学習順序には驚かされますが、

합니다体を先に学ぶことが多い理由は、活用が 해요体より簡単だからですね。

 

一方で、複雑そうに見える 해요体の活用は、実のところ[文字・発音編]の復習だったりします。

これらを『母音調和』といい、日本語にも擬態語で「からから」「ころころ」などにあります。

 

ややこしい話に聞こえても、私達の足元を問い質せば、同じようなものがあるんですね。

あとは慣れです。

 

 

합니다体を先に扱っている市販のテキストを使って学ぶ場合も、

講師は一応そのテキストを尊重していますが、

 

『합니다体より 해요体を』

 

は、講師的に声を大にして強調したいですね。

 

では、第8問の助詞問題です。

 

韓国語は欧米諸語や中国語などのように前置詞(介詞)ではなく、

日本語と同じ助詞を使うことだけでも、日韓両語の各助詞には多少の差異がありはしますが、

日本語ネイティブは、事実上韓国語文法を学んでいないといえる大きな理由です。

 

差異はあっても、気楽に身に付けていきましょう!

1)で、日本語「~に」に相当する助詞の区別はできていますか。

5級レベルより学習段階が進んでいる方でも混乱されます。

 

2)では、지금 と時制を合わせましょうという問題ですね。

前回も同じような出題がされていました。

 

そして第9問の挨拶言葉問題で、

2)の正答表現 어때요? を、ぜひ今の時点で使えるようにしましょう。

 

問題文にあることだけでなく、方法や様子などを訊くこともできます。

これは、尋ねているのが、

 

어때요? ― 用言・完全な文

 

だからです。

 

では、第10問・会話文問題です。

 

1)で、実のところこの問題は、ひと目見て①と②の2択にできることも利用しましょう。

というのも、他言語に通じることで、

[疑問詞がある疑問文には 네,아뇨で答えられない]

からです。

 

あとは、Bの発話にある 있어요 に合わせるという問題です。

 

 

続く2)が、先のような、疑問詞をより詳しく抑えると即答できる問題で、

 

[用言で答えているから어떻게]

 

と解答します。

3)も同じ観点で答えましょう。

Bは[時]で答えているので、[時]を訊く疑問詞②と合わせます。

 

そして4)ではAの発話から、Bが寝れない理由になり得るモノを選び、

5)は先の疑問詞対応とは例外的ですね。

 

では、最後の会話文/文章問題です。

問題文を読む前に、第11問【問2】第12問【問2】の選択肢をチェックしておきます。

それぞれ、選択肢を日本語で書いてくれていて、

問題文を読む前に、おおよその内容を‘日本語で’想像できますからね。

この作業一つで、解答時間は半分以下になります。

 

さらに、第12問【問1】では恒例の、指示語が指している内容を選ぶ問題があります。

問題文を読み始める前に、指示語(그거)の位置を確認し、

そこに至るまでに出てきたことは、選択肢中のどれかと探すんですね。

 

第11問【問1】は平易で、文中で語られているのは男性で③か④で、

3歳年上とあるので、④ 형 ですね。

 

韓国の親族名称は多彩でとても難しいですが、少しずつ覚えていきましょう。

 

では第12問の【問1】で、그거 の位置は会話文最後の発話にあり、

すると発話全てをチェックする必要がありそうですが、

5級での指示語問題は、通常その直前を見れば解けます。

 

選択肢では、日訳することで語彙力を訊かれてはいます。

位置名詞と固有語数詞ですが、正解されましたか。

 

 

前回より、正解に辿り着くまでの経路が多いですが、

極端に違いがあるものでもありません。

 

5級受験に至った、これまでの学習できちんと解けます。


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中