ハングル能力検定協会より、
問題文を載せないようにとクレームが入ったので、
その部分を削除しました。


最後の会話文/文章問題は、第11問,第12問と分かれました。

問題文を読む前に、第11問【問2】と第12問【問2】の選択肢を、
チェックしておきます。


それぞれ、選択肢を日本語で書いてくれていて、

問題文を読む前に、おおよその内容を‘日本語で’想像できますからね。

この作業一つで、解答時間は半分以下になります。

 


今回は第11問で、③を除いて接続語を問う問題を見てみます。

筆者と兄(または先輩)が、共に旅行とサッカーが好きだという話の後に、

前文に後文の内容を付け足していますね。
①や④は反対の内容を結ぶので×です。

そして【問2】は【問1】と関連しています。

 


では第12問の【問1】で、(  39  )の前後を確認します。

승호の発話中にある語尾 지요 は[確認]の語尾ですね。

 

は、 않아요 の 지 と同じですが、

ということは、有美さんは韓国人でないのでです。

 

そして 아뇨 も、日本語の「はい」「いいえ」と同じ発想で使えます。

それに対して、例えば英語のYes,Noは、
日本語「はい」「いいえ」韓国語아뇨 と違い、

あとに肯定文,否定文が続く[前振り]の役割をします。

例)A:Aren't you tired?

  B:No,I’m not.
 (「はい」、疲れていません)


この点でも、韓国語って、自分達日本語ネイティブにとって身に付けやすい言語です。

 


ということで、5級・筆記試験問題を見てまいりました。

 

よく復習しておきましょう。

完璧に身に付けるまで、この問題が「教材」です。

ここから4級に上がると、語彙数が増えるのと共に(約450語→900語)、

この解答速報解説で毎回確認していることとして、主には、

○不規則活用(変格活用)


○修飾語句(連体形・副詞語句)


○接続表現(短文の連続から複文を作れるようになる 
 <聞き取り試験では問題後半部から>


が加わります。


修飾語句は読んで字の如く「飾り」「デコレーション」で、

デコレーションする/される(修飾/非修飾)、つまり文法は、

今まで学んでこられたように、基本的には日本語と同じですので楽勝です。


そういう‘特典’を大いに利用して、
‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’をさらに進めていきましょう!


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0001