続く第5問は、前回より若干易化しました。

1)の返答文句で、もちろん비가 와요 でもOKです。

捉える点で表現が変わっているだけで、
もしこの違いが気になったらご質問ください。

あと3)について、会話練習でよく무엇(뭐) 고기 と言ってしまいます。

 

試験問題解答では、文字で表してくれているので、そうそう間違えないと思いますが、

会話という瞬間作文では、「何の肉」の「何」に意識が行き過ぎて、

무엇(뭐) と言ってしまうんですね…


基本的には、日本語ネイティブの恩恵にあずかって、

무슨 = 何の   무엇(뭐) = 何


で押さえておけばOKで、文法的には、

무엇(뭐) = 何 が後続に別途名詞を必要としないから、

②は×なんですね。

 

所詮は日本語と同じ事情なのでそれでいいです。

もちろん、これから学習が進めば‘似て非なる所’が出てはきますが、

このような‘特典’はジャンジャン手に入れて、
‘韓国語ぺラぺ~ラ’になってしまいましょう!

 


それでは第6問の入れ換え問題です。

ここでは2)で、韓国語の数詞を押さえていても、
そこから計算とかしていますかと、出題者は訊いています。

これはいい練習ですね。

 

例えば当校では、해요体を学ぶ時に、
드라마를 보다,자다 などの与えられた語と、単語・1時~12時,半を使って、


〔昨日と今日のスケジュールを訊き合う〕

練習をしていますが、

これを付け加えると、簡単な計算練習もできると思いました。

 

続く第7問の用言活用問題で、ここも前回以前と変わっていません。

1)3)の 해요体問題は、逆に基本形をすぐ答えられるようにしておきましょう。

あまりやらないであろう、

[活用形 → 基本形]の言い換え/書き換え

もいい練習になりますよ。

 

そして2)が第3問でも出題されている「splonの法則」です。

ほぼ毎回出題されていますが、

今回は‘ㄹ語幹御三家(알다,살다,만들다)’が出題されました。

ところで、用言活用ということで합니다体について、

世に出回っている入門用教材では、用言活用をほぼ합니다体から学び、

多少の前後はあっても、ほとんどの方々が、

 

합니다体 → 해요体 → 尊敬形

の順に学ばれたと思います。

ですが、理想は 해요体から学びたいです。

それは、日常会話で主に使われるのが해요体だからです。

합니다体が、해요体より丁寧で公的あってもですね。

 

そういう事情から、当校のオリジナルテキストでは、入門用全20課の中で、

입니다/까?,이/가 아닙니다/까? を第1課で学ぶ形で、

 

해요体・4課 → 尊敬形・6課 → 합니다・16課  


という順番で学び、합니다体をかなり後回しにしていますが、

学習経験が十分おありの方でも、ずっと합니다体で話される例が結構あります。

합니다体を先に学ぶことが多い理由は、活用が해요体より簡単だからですね。

一方で、複雑そうに見える해요体の活用は、
実のところ[文字・発音編]の復習だったりします。

これらを『母音調和』といい、

日本語にも、擬態語で「からから」「ころころ」などで母音調和があります。

 

ややこしい話に聞こえても、私達の足元を問い質せば、
同じようなものがあるんですね。あとは慣れです。

 

ちなみに、2018年度のテレビハングル講座では(10年以上ぶりに毎週見ました)、

先の 입니다/까?,이/가 아닙니다/까?<합니다体>を切って、

예요/이에요,아니에요 だけを採り上げて、

しかも 아니에요 では、通常前にくる助詞も省略しています。

これもこれでアリだと思いますし、아니에요 前の助詞を取っ払えば、

이/가 の使い分けも要らないし、いいですよね。

千津子先生:「ブドウを食べるのも포도포도(程々)にしましょう」


千津子先生:「의수さん、의수(椅子)に座ってください」


亜美:「어디예요? の 예 が<エ>と聞こえるけど、
    <エ>は애,에 でなかったのでは?」

申義秀[신의수]氏:「勘が‘エエ’よ!」

 

さすが阪堂千津子先生、ダジャレ満載の番組ですよね

DSC_0187
現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています

お問い合わせ

お電話 : 090-2613-1961
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中