[5級・筆記試験の解説・講評]

 

―前回との比較―

 

<難易度>前回並み。

 

<問題語数>増。

 

<問題内容>文章問題が1問増,『出題形式改訂』による新形式問題は無し



여러분,안녕하십니까?

 

第1問の発音問題で、前回と同じです。

 

 

出題項目は、

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化


で、前回は、

 

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化

 

と、問われる発音ルールはここ数年ずっと、この4つに固定されています。

 

 

単語が違うだけで、問われていることは同じです。

 

1)での[합니다体の鼻音化]については、こんな大層な専門用語など関係無く、
音で覚えていらっしゃる方が沢山おられると思います。

ここではルールを訊かれていますが、一方で通じればいいです。

あと、3)で訊かれた ㅎ の弱化は、

DSC_0022
‘弱化’ではなく、

 

ㅎ が ㅇ の激音(つまり無音)

 

 

としておけば納得がいきます。

なので、次に ㅇ があっても音に現れません。

 

講師個人的には、声を大にして言いたい解釈法ですけどね。

こうすることで[知識の連結]が出来て、より実感できる形で覚えられるからです。

 


では、第2問・第3問の「単語テスト」です。

ここも前回と変わっていません。

毎回確認していることで、第2問のような問題を出す協会側の意図を推すると、

出題された各語の綴りを、単に確認しているのみならず、
語句を覚える時、普段から音だけでなく、

綴りまで覚える形で学習してほしいというメッセージが込められている気がします。

 

あらゆる言語の中で、特に韓国語は、綴りと音がずれる例が多いことからの出題と考えています。

 

各語句や文句を‘音’が押さえられていれば、まずはよしとしましょう。

ただでさえハングルは「音を表す字」で、何より会話は‘音’でやるからです。

 

ただ、いざ書くとなると綴りが分からないということが、講師の知る限り結構あって、

当校でおこなっている復習コーナー「チェック&チェック」でも、

音は知っているけど書けないという方が多いです。

語学以外のあらゆる分野でも、機械が簡単に導き出してくれる今この時代だからこそ、

「ペンを持ち、手を動かして書く」


ことは本当に重要です。

そして、5級リスト・約450語は、


『これからの‘韓国語ぺラぺ~ラ’』

 

のために押さえておきたいものばかりです。

これらを言えて聞けてこそ、韓国語会話がきちんできるからです。

全問正解された方も、出来がよくなかった方も、

そこに一つの「やり甲斐」を感じながら覚えて使っていきましょう!

 

  

今回の第2問は前回同様に、先の、


‘音は知っているけど書けない’

 

のいい例が選ばれています。

 

2)は音的におなじみで、でも書くとなると混乱します。

音で知っていればまずはOKです。ただでさえ重要な場所ですしね。

 

これは4)も同じですね。

 

数年前に比べると、出題語の選定が絶妙になってきて、

これは出題者の協会が、実際の教育現場での好例を集めて出題したのを窺い知ります。

 


そして第3問でも、今回の出来不出来はある意味関係無く、

これからの‘ぺラぺ~ラ’のために、全部覚えましょう。

恒例の副詞問題では、今回も迷いそうな組み合わせですが、
バッチリ正解できたと思います。

その4)「すぐ」で、②と混同されている方がちらほらおられます。注意しましょう。

 


では、第4問です。形式は前回以前と同じです。

1)で採り上げられている、名詞と助数詞のペアは大丈夫ですか。

まあ、④ 바다 ってそもそも数えられるのかなと思えて、すぐに×だとできそうですが、

例えば、単数複数をきちんと問い質す英語の sea は加算名詞なんですね。

 

例)the seven seas(七つの海,世界の海)


その助数詞は4)でも訊かれていて、학생[学生]といった[人]を数えられる助詞を選びます。

そして5)で、日本語では「背が高い」といっても、③높다 は使えませんね。

これは、높다 本来の意味を問い質すと、


◎아래에서 위까지의 길이가 길다.

(下か上までの長さが長い)

 

◎아래에서부터 위까지 벌어진 사이가 크다.
(下を起点に、上まで離れた間隔が大きい)


で、韓国語では、人の肉体が生まれて成長し、
「大きくなった結果状態」に着目するので、ここでの 높다 が✖です。

 

対して日本語は、地面を基準に、頭の先がどこにあるかを言うんですね。

 

その他には、3)が前回の2)を‘品変え’で出してきましたが、

とにかく、語彙はどんどん増やしていきましょう。

語彙さえあれば、どうにでもなることって結構ありますしね。


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0006 (4)