안녕하세요?


5月24日(日)に、オンラインで参加した
ハンガンネットのお茶会について世話人の先生から、

お茶会という場であっても、発言者一人当たりの時間が長すぎで、
時間をきちんと精査して、一人当たりの制限時間を設けて
進行の時間目安を作るべきだったという指摘がありました
EYxobvUU8AAJgAZ
これって、構成をある程度前もって決めていてもよくあるし、
ましてや、自己紹介や質問をはじめとした、
参加者一人一人の発話なんかでは余計にそうですよね
特に質問は、その場で考えながら話すからです
ただでさえ、対面であっても、

「さっきの話に不足部分があるので付け足したい」

「今話したことに、より説得力を持たせたい」

「自分をアピールして知ってほしい」

「私はあなたと違ってこんなことを思い付いたり考えたりしている」


などの心理が働いて、話を冗長にしてしまう傾向にあります
それらはいわば、

事前の用意が利かない瞬間作文

だからです
講師もかつては、これらのことから失敗したことがあります

そしてオンラインでは場の空気までを共有できていなくて
そのすき間を言葉で埋めようとして、話がより長くなる気がしています

オンライン学習活動をよりよくするためのことを発見できたし
今までの体験プラス、その場にいる皆さんの前で、
あることを話す時に留意すべき点を再確認できました


現在、当四日市校のみ入会金無料キャンペーン中です
学割もご用意しています


お問い合わせ

お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com


どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓

リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0005 (4)