안녕하세요?


2020年2月16日(日)に参加した外国語授業実践フォーラムで、
外国語授業実践フォーラム第19回会合2
7年ぶりにお目にかかれた中川正臣教授が講師に、
フォーラム会場の民団から、懇親会会場の津駅前までの移動中に、
講師が担当している学び場の現況について尋ねられました

そこで、講師にとって今一番の懸案事項である、
10代,20代の学習者さんについてお訊きしました


講師が韓国語学習を始めた時代と違い、
今、日本での韓国語学習、そして韓国語そのものが‘ファッション’になっています
ファッションとは流行とも言い換えられて、講師はこれに結構翻弄されています

中川教授は、教授と講師各々が置かれた環境の違いを前提に、

若者が韓国語を学んでいく意義

を示してくださいました

分かってきました
講師も、それを10代,20代の学習者さんにお伝えします


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中