안녕하세요?


2020年2月16日(日)、外国語授業実践フォーラムに参加してきました
外国語授業実践フォーラム第19回会合2
フォーラムでは、ポスター発表というのがおこなわれ
いくつかの発表が同時進行で進行しましたが、
講師は、植村麻紀子老師中川正臣教授の発表を聞きました


当事者駆動型
インクルージョン(inclusion)-なにものをも排除しないこと

<本来の意味は「包含」「包括」>


をキーワードにした発表でした

この「なにものをも排除しない」という言葉は耳が痛かったです
これはつまり、例えば学習者の方がそれを途中で放棄するのは、
あらかじめ設けられた学習方法と順序に合わなかった、
その方自身に原因があるという意味での「排除」を考え直そうというものです

それを否定し、当事者(学習者さん)を優先した学習順序と学習活動を志向し、
実践していこうということでいろんな試みが提示されました


いろいろ発表してくださった中で
学習者さんから見えてきた地域の講座に求められることとして

「学び」と「つながり」の場

「救援所(特に独学の方に)」としての場

次への道標となる場


と示されました
そして、学習活動中で心掛けたいこととしては、以下のことをご提示くださいました

ゴールを明示し、個人でも目標を立てれる学び場作り

自己評価,学習振り返りの導入(これはすでに導入済)

無理の無いスピード 途中の躓きを無くす

レアリアの使用

(教育のために作られた教材ではなく、日常生活にあるものを教材として利用する場合のモノ)

レアリアとかは、例えば韓国発行のテキストを日本で使用する場合が
これに反することとして該当しますね
自分は留学生,韓国生活者じゃないのに、そのふりをして練習する、
というやつですね


当事者駆動

これをキーワードにして、今まで以上に、

学び場では、生徒さんが主人公

をさらに推し進める必要があります


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
D957oKiVAAA6jMG