안녕하세요?


この記事を書いている時点で第66回TOPIKが目の前に迫った中
第54回700字作文『芸術教育について』で、
日本(日本人)の芸術表現,芸術観に関して、いろいろ考えていました。
TOPIKペン
芸術は一般的に自己表現の実現手段ですが、
日本人にとっては、「自分が他人にどう見えるか」に主眼を置くといわれています。

そして文学にも幅を広げると、例えば欧米(西洋)では、
言葉が多ければ多い程、その内容も豊かに表現されることを第一にする一方、
日本的には、言葉が足りないくらいがいいとされてきました。

言葉が多かったり、あまりにきらびやかな言葉を使いすぎると、
自意識過剰と受け取られ、日本の伝統的美意識から志向される、
本当に表現したいことが妨げされてきたっていうんです。


それをひと言では余情といい、
日本の伝統的美意識は、芸術そのものとは矛盾するが如く、
全てをあからさまに描写するのではなく、表現を抑制・省略し、
表現した物事の背後にある奥深いものや、
繊細な情緒を暗示しようとする傾向にあります。

もし、自分達日本人の無意識下にある、このような考えを、
TOPIK作文解答で書くと、採点官にとっては「?」になるのは間違いないです。
韓国語にも余情という語がありますが、
これのハングル表記 여정 は、そのほとんどが「旅程」を意味しています。

というに留まらず、日本人が持つ文化自体が元々、
言葉を少なくし、その行間(直接表現されてない部分)を読み取ることを好むので、
TOPIK作文(実用韓国語,他言語使用)では、

言葉がたくさんあれば、それだけ心も豊かかつ正確に表現される

ことを肝に銘じておきたいですね。


TOPIK(韓国語能力試験)作文入門講座
通信添削}
全回受講<ゼロからの方向け>全6回:24,000円(税込)
一部受講<本試験受験ご経験ありの方向け>:全3回:12,000円(税込)

{生講座}
四日市校:第1,第3,第5金曜日 19時~21時
名古屋金山本校・オンライン:第1,第3,第5日曜日 14時~16時

1回:2,240円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます
ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
asahi_helmet-4