Buongiorno


当校近くの四日市近鉄百貨店で開かれるイタリア展での、
ジョバンニさん・イタリア語プチ講座で、

DSC_0020

ジョバンニ先生が、自分達参加者に、


“Come sta?”


と挨拶しに回られました。

自分達は、先に学んだ文句で順々
に答えましたが、
講師がそこで、


“Bene,grazie.E Lei?”


と返事したところ、ジョバンニ先
生は、


tu でいいですからね”


とおっしゃいました。


まず文法的に、Come sta なので Lei にしたのとは別に、
日本人的に、自分よりずっと年上の方で、
tu は失礼なので Lei を使った感覚とずれてたかなと思いました。

もちろん、これはあくまでジョバンニ先生の考え方だけなのかもしれませんが、
自分的には、おフランスの tu と vous も同様に、
2人称代名詞の使い分けがどうしても見定められず、
Facebookで、これについての解釈を、ネイティブの方、ノンネイティブの方皆さまより
お訊きしました。


"気張らずに会話してください、もっとフランクに話してください"という意味と思われる”

“友達の雰囲気にするつもりです。イタリア人にとってこのことは外国人への礼儀”

“例えば、仕事の先輩や自分の会社の社長にleiを使うと怪訝な顔をされて、
「一緒に仕事
する仲間なんだから tu でいいんだよ」と言われた”


日本語や韓国語の敬語と、イタリア語をはじめとした欧米諸語との違いは、
本当に戸惑ってしまいます。

これが異文化交流なんですね。


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DSC_0003