안녕하세요?


韓国語学習をある程度進められて、
タイトルにある否定の副詞 について正確に使えていらっしゃいますか?

korean-negation-dontisnt-cant-1

ところで、これらって単純に、

(~しない)  (~できない)

とは当てはめられないことがあります
これら副詞で、各日訳なんかより大切なのは、

안 ― 意志否定

못 ― 可能否定

である点です

例えば日本語で、

「SEVENTEENの大阪ライヴに行って
 スタートが5時だったので夕食は食べませんでした


この発話をもし で否定すれば、意志否定なので、
より詳しくは、

[食べるつもりは無かった] [食べたくなかった]

という意味が相手に伝わります

それに対して、ライヴ前に何か少し食べておきたかったけど、
5時スタートではそんな時間が無いから「食べませんでした」なら、
食べるつもりはあったけど、それが不可能だったという範疇に入り、
で否定するのが正しいです

韓国語のテクストや発話を見聞きしていると
日本語「~しない」に相当するであろう内容で が使われていることによく触れると思います


そういう意味では、日本語は意志否定可能否定が曖昧です
他言語では、それぞれの事情に合わせて比較的きっちり分けますけどね


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
32661dcc