안녕하세요?


1月27日に受けた英検準1級の作文問題で
豪快に0点をとってしまったところから再挑戦する上で

DSC_0016 (2)


次回対策の手始めとして、協会発表の模範解答を精査することにしました
今回は前回の続きで、残り2段落を見ていきます

 In addition,foreign workers would help companies deal with globalization.Foreign workers have knowledge of market conditions abroad,and this knowledge would be indispensable for Japanese companiesMoreover,foreigners would bring in innovative ideas from other countries that would help make Japanese firms more competitive.
 (加えて、外国人労働者が企業の国際化に寄与すると考えられる。外国人労働者が持つ、海外の市場状況についての知識が、日本企業にとって無くてはならないものになるだろう。さらに外国人が、日本企業をより競争力のあるものにする、他国からの革新的アイデアをもたらす)

ここでポイントの一つ globalization が採り上げられています

で、ここでいう globalization って何?という内容が後続していますが、
まず冒頭文のようにポイントをネタ振りするってのは講師的にはマジでキツい
韓国語でなら、なんのこと無いのにね

まあ、deal with O を見て、訳語が「扱う」しか出てこない語彙力ではあきませんわな
さらに、company を使ったら次は firm と言い換える語彙力です
このブログをご覧くださった皆さまにとってはいかがですか?


 Although there may be issues with cultural differences or communication,the need for more workers and the challenges of competing globally make it essential that Japanese companies start bringing in more workers from abroad.
 (文化の違いと意思疎通に問題が生じる可能性があるにもかかわらず、労働力の需要と、グローバルに競争力を獲得するために、日本企業が外国人労働者より多く雇用する
ことが不可欠となっている)

この段落の和訳はFacebookでいただいたアドバイスを参考にしました


問いに対する賛成意見の結論部分で、
まあ、所詮は模範解答と言ってしまうと元も子もありませんが、
冒頭のような譲歩文は、講師個人としてはなかなか書けません

TOPIK作文でもあることで文をはやく結んでしまいたいという思いが先走るので
一旦、主張内容と反対のことを添えるなんて、
日本語ネイティブにとっての韓作文ならまだしも、英作文でそれを表現するなんて
相当高度なテクではないかと思うのは講師だけでしょうか

あと、その譲歩部分に続く無生物主語文も、
講師的には『ポレポレ』でたくさん見てきて
ポレポレ
英検では問われないものの、和訳で直訳しないよう頭を動かせていますが
書くとなればもちろん話は別です

主催者的には、準1級ともなれば、
無生物主語文なんかは書けるようにしとけということなんでしょうか…


まずは、受験回の模範解答文を参考にしました
TOPIK作文でもそうでこの動画で竹岡先生もおっしゃってる通り

模範解答の扱いには注意すべきですが、
手持ちの過去問題集や主催者公開分も参考にして
TOPIK作文にもつながるようにジャンジャン書いていきます


TOPIK(韓国語能力試験)作文入門講座
通信添削}
全回受講<ゼロからの方向け>全6回:24,000円(税込)
一部受講<本試験受験ご経験ありの方向け>:全3回:12,000円(税込)

{生講座}
四日市校:第1,第3,第5金曜日 19時~21時
名古屋金山本校・オンライン:第1,第3,第5日曜日 14時~16時

1回:2,240円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます

ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DzxmKMjWwAA7Htl