안녕하세요?


ずいぶん前になってしまったことで、第51回・ハン検の出題と、
現在の出題形式・出題方針について質問状を出しその回答が届きました

DSC_0008


前回の記事で、過去問をほぼそのまま出題していること対する質問を書きました
今回はそれへの回答を採り上げます

まず、回答文で宣言されているのは、

過去問の出題は、丸暗記を煽るものではなく、
 各級の段階で習得すべき内容を繰り返し学習することで、
 その知識を確実に身に付け、そうして積み上げた語学知識を活用して、
 類似の問題を解くことができるか、その知識が真に身に付いたかを
 確認するため


とされています

類似の問題と、まんま同じ問題は違うと思いますが
当校が出した質問状にやや言葉足らずなところがあったようで
協会側がいう ‘丸暗記’ の解釈が、

問題内容,形式,正解番号が全く同じものを、
 正解番号だけ機械的に覚えるようなことを指す


とのことで、これは想定外でした


そんな中、過去問を再出題する時は、問題文,選択肢を一部変更し、
選択肢の順番と正答番号などを必ず変更しているとしていて(そんなのは当然)、
実際にそうですね


ここで今一度確認したいことは、

ハン検 ― (日本語ネイティブとして)韓国語の学習到達度を測る
TOPIK ― 韓国語の実用能力を測る


先の協会発言を補足すると、こういうことです


この後に続く回答文では、「トウミ」についても言及されているので、
次回書きます

ちなみに、このあたりまで来ると、協会の回答文が結構感情的になってます


ハングル検定対策各通信添削講座(3級,準2級,2級,1級)
(郵送版/データ版)

3級 全7回:24,000円(税込)

準2級,2級 全8回:32,000円(税込)

1級: 全8回:40,000円(税込)


ハングル検定2級語彙力強化講座
(郵送版/データ版)

全5回:20,000円(税込)


受講スタートはいつからでもOKです
資料をご請求ください


お問い合わせ

お電話 :059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中