안녕하세요?


先日、あるイタリア語コミュニティーでよくあるやり取りが盛り上がっていました
伊検4級,5級
[最近、イタリア語学習に時間を使えていません]


いわゆる、言語を身に付けるのは理屈がいいか感覚がいいかという話題です

こういう話題が出る度にいつも思うのは
どうしていつも自身の中に、

「ゴリゴリ文法主義」

「感覚でや
りたい」

と、どちらか一択しか存在させず、

<ここは文法で解釈する> <ここは感覚で押さえる>

と、両者の存在を認めて受容し、それらの一長一短を見きわめつつ
それらの間を臨機応変に行ったり来たりしないのかと

どちらも、広く認められ実践され
ている習得法で
そういう広い視点と選択肢を持っていた方がおトクだからです

人間は知的動物なのに…


自分の志向と反対のことにも、時に目と耳を傾けると
実はそれだけだと知り得ないことを示してくれるかもしれない

結局見えてこなければ、自分の好みに戻す

そんな学習をしていきたいと、個人的にはあらためて思いました


第2回・TOPIKⅡ文章問題速読即解ゼミ

(四日市校>3月16日(土),3月23日(土),3月30日(土)
 金山本校>3月17日(日),3月31日(日))


一緒に学ぶお仲間を募集しています


お問い合わせ


お電話 : 059-356-3322
Eメール:nwoma0603@gmail.com

どうぞよろしくお願い申し上げます


ブロクランキングに参加中です

‘ぽちっと’押して応援くださればと思います
      ↓
リンク韓国語 リンク外国語 リンク韓

リンク韓語 リンク中国語 リンク中
DviPNrYUwAEvpy-